ニュースリリース

NEWS RELEASE

大型スポーツビジネスカンファレンスを初開催

「SPORTS Tech & Biz カンファレンス 2019」

キーパーソンが教える「スポーツビジネス成功への道」「ポスト2020」を見据えたイノベーションの未来がここに

 ラグビーワールドカップ2019を皮切りに、3年連続で国際的な巨大スポーツイベントが開催される日本は、スポーツを軸にした新規事業創出の千載一遇のチャンスを迎えています。対象はプロにとどまらず、学生や一般の愛好家などアマスポーツにも広がり、事業領域は“余暇”としてのスポーツの枠を超えてヘルスケア・医療、地方創生といった社会課題の解決にも及びます。

 政府は「2025年までに市場規模を15.2兆円にまで拡大する」との成長目標を掲げています。その実現のカギを握るのが、AIやIoT、ビッグデータなど最新テクノロジーの活用と、スタジアム・アリーナを起点とする地域経済活性化、エンタメとの融合による新しいファン体験など、これまでのスポーツ界にはない新しいビジネスの創造です。その成功に必要なのが、スポーツ界、テクノロジー企業、大学・研究開発機関、自治体など異業種によるオープンイノベーションです。

 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)はこの度、国内外の現場で活躍するスポーツビジネス界のキーパーソンが一堂に会し、「スポーツ×テクノロジー」「スポーツ×ビジネス」を軸に、ポスト2020を見据えて持続的に成長可能なビジネスの創出について議論するカンファレンスを開催します。昨今のスポーツを取り巻く盛り上がりを、一過性の“お祭り”に終わらせず、後世に引き継げるレガシーを残すために今取り組むべきことは何か。キーパーソンが紹介するスポーツビジネスの最前線を通じて、ぜひ、ご体感ください。

 報道関係の皆様におかれましては、本イベントをスポーツビジネスの最新動向を取材する場としてご活用いただければ幸いです。※取材当日は虎ノ門ヒルズ5階総合受付のPRESS受付にてご登録のうえご入場ください。

▼「SPORTS Tech&Biz Conference 2019 」開催概要

公式サイト: https://nkbp.jp/stbc
会期: 2019年3月20日(水) 10:00~18:40(予定) ネットワーキング18:50~
会場: 虎ノ門ヒルズフォーラム ※PRESS受付:5階総合受付横
予定来場者数: 450人 ※一般入場料20,000円
協力: スポーツイノベイターズオンライン、日経 xTECH、日経BP総研 未来ラボ
特別企画: Sports Open Innovation Networking 2(スポーツ庁)
協賛: KPMGコンサルティング、パーソルキャリア、富士通
日本IBM、SAP、ライムライト・ネットワークス・ジャパン

▼本イベントの見どころ

▼特別企画

  • Sports Open Innovation Networking 2

     スポーツ庁が推進する、スポーツ界のオープンイノベーションを創出する場「Sports Open Innovation Networking」の第2回目をSPORTS Tech&Biz Conferenceと併催する形で開催。
     これはスポーツ庁が実施する平成30年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツビジネス推進事業(イノベーションプラットフォーム構築事業)」の事業を包括的に共有する場としてイベントを開催するものです。
     スポーツビジネスに関わるあらゆる関係者が一堂に集い、スポーツ団体等が有するリソース、学術・研究機関・ベンチャー等が持つIoT やAI 等の技術、民間企業等が持つ資金のマッチングにより新たな財・サービスの創出を促すことを目的に開催します。
    https://expo.nikkeibp.co.jp/sportsbiz/2019/index.html#special

  • SPORTS Tech & Biz Conference ネットワーキング

    豪華講師陣を交えたネットワーキング。異業種交流を超えたコミュニケーションを実現します。スポーツビジネスを推進するためにここでしか出会えない価値観と目的意識を共有した人脈を形成します。

※都合により講師が欠席となる場合がありますので予めご了承ください。
※軽食をご用意しています。

本件に関するお問い合わせ先は、日経BP社 ITイベント事務局への電子メールまたは、電話(03-6811-8083)にてお願いします。