ニュースリリース

NEWS RELEASE

第17回 日本イノベーター大賞 受賞者決定

大賞はデザイン経営を貫いてきた良品計画会長の金井政明氏 ~表彰式は2月26日(火)午後4時30分から「グランドプリンスホテル高輪」にて~

 日経BP社(本社:東京、社長:新実 傑)は、2019年「第17回日本イノベーター大賞」(主催:日経BP社、協賛:野村ホールディングス)の受賞者を決定しました。

 日本イノベーター大賞は、日本の産業界で活躍する独創的な人材にスポットを当てることにより日本に活力を与えようと2002年に日経BP社が創設した賞で、17回目を迎えます。2019年に日経BP社、そして日経ビジネスが50周年を迎えるにあたり、日本発のイノベーションについてこれまでの実績や現在、そして将来の可能性などを評価しました。

 賞のカテゴリーも刷新し、「大賞」に加えて、「日経ビジネス賞」(ビジネス分野)、「日経xTECH(クロステック)賞」(テクノロジー分野)、「日経クロストレンド賞」(マーケティング分野)、そして創業5年以下のスタートアップ起業家を対象にした「日経ビジネスRaise賞」を新設しました。

 新しい産業やビジネスモデル、将来を支える新技術、世界に通じる新しい価値を作り上げた方々を幅広い分野の中からノミネートし、受賞者を決定いたしました。

 なお、表彰式は2月26日(火)午後4時30分から「グランドプリンスホテル高輪プリンスルーム(B1F)」(東京・港区)で開催します。

【第17回 日本イノベーター大賞 受賞者】

◆大賞 金井政明氏 良品計画 代表取締役会長(兼)執行役員
「日本発のライフスタイル提供へ、『デザイン経営』を継続的に実践した」
◆日経ビジネス賞 関家一馬氏 ディスコ 代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)
「独自通貨を活用した、革新的な社内マネジメント手法を確立した」
◆日経ビジネス50周年特別賞 松本恭攝氏 ラクスル 代表取締役社長CEO
「印刷・物流のシェアリングビジネスで、業界の常識を覆した」
◆日経xTECH(クロステック)賞 島正博氏 島精機製作所 代表取締役会長
「ニット商品1着を立体的に編み上げる技術を開発、『マスカスタマイゼーション』を容易にした」
◆日経クロストレンド賞 キズナアイ VTuber(バーチャルYouTuber)
(代理人:大坂武史氏 Activ8代表取締役)
「バーチャルYouTuberの草分けとして、ブームのけん引役になった」
◆日経ビジネスRaise賞 小林晋也氏 ファームノート 代表取締役
「畜産にIoTを導入、牛の健康を一括管理するシステムを開発した」

【日本イノベーター大賞 選考理由】

◆大賞 金井政明氏 良品計画 代表取締役会長(兼)執行役員
創業以来、日本発のシンプルで美しい「感じ良いくらし」を世界に提供。時代の潮流に流されずこの理念を守り続け、イノベーションを起こすうえで重要である「デザイン経営」をぶれずに実践し続けてきた。ライフスタイルを“売る”というビジネスを展開し、2019年にオープン予定の「MUJI HOTEL GINZA」やフィンランドでの電気自動運転バス計画、地域創生などビジョンを実践する領域を拡大している。
◆日経ビジネス賞 関家一馬氏 ディスコ 代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)
独自の社内通貨「Will」を使ったユニークなマネジメント手法を編み出した。社員一人ひとりが社内通貨を持ち、収支は賞与に反映する。仕事は上司が部下に割り振るのではなく、社内通貨で価格を付けて公募・オークションでやる人を決める。ウィルを稼ぐために自己啓発するなど、自発的に仕事をする社員が増える好循環を生んでいる。徹底した仕組み作りで、社員のやる気を引き出す環境を構築した。
◆日経ビジネス50周年特別賞 松本恭攝氏 ラクスル 代表取締役社長CEO
シェアリングエコノミーの考えを印刷業界に持ち込み、稼働率の低い印刷機を持つ印刷会社とユーザーをマッチング。ユーザーは印刷コストを削減できるだけでなく、印刷会社の設備稼働率も高まる。現在は、物流業界にもシェアリングの考えを導入。自社ではトラックを保有せず、空きトラックを持つ提携運送会社に仕事を依頼するサービスを展開している。
◆日経xTECH(クロステック)賞 島 正博氏 島精機製作所 代表取締役会長
セーターやカーディガンなどのニット商品一着を立体的に編み上げられる編み機「ホールガーメント」を開発。裁断や縫製といった後工程が不要となり、生地のロスも削減できる。発売から20年、高級アパレルを中心に支持を集めてきたが、最近はファーストリテイリングやZOZO(ゾゾ)など大衆ブランドでも採用が拡大。ユーザーの体型や好みに合わせた商品を作る「マスカスタマイゼーション」の実現を支える。
◆日経クロストレンド賞 キズナアイ VTuber
(代理人:大坂武史氏 Activ8代表取締役)
動画サイト「YouTube」内で活動する「VTuber(バーチャルYouTuber)」。VR(仮想現実)やモーションキャプチャーなどの既存技術を活用して2016年に登場。18年のVTuberブームの立役者といえる。デジタルなキャラクターの姿ながら活動と表現の幅を広げており、組織の広告塔やタレント、キャラクタービジネスの新展開など、新たなビジネスチャンスとして様々な企業や自治体が注目している。
◆日経ビジネスRaise(レイズ)賞 小林晋也氏 ファームノート 代表取締役
これまでは経験と勘に頼っていた畜産・酪農業界にIoT(モノのインターネット)を導入。発情など牛の体の変化を、センサーなどを駆使して察知し、健康に関するデータを収集・分析してスマートフォン上で一括管理できるクラウド型の管理システムを開発した。初期投資にかかる費用が大きく、健康管理がデリケートな和牛や乳牛の生産現場のリスクを低減するとともに生産性向上に貢献した。

【日本イノベーター大賞 選考基準】※日経ビジネスRaise賞除く

日本発の独創的なアイデア、しかも実行力があって、日本の産業を変える可能性があり、既にある程度の成果を出している人。企業の技術者や大学の研究者、経営者などジャンルは問わない。2019年に日経BP社、そして日経ビジネスが50周年を迎えるにあたり、ここ数十年の功績や現在、そして将来に向けて日本発のイノベーションを世界に広げ、インパクトを与える可能性などを評価した。

<評価ポイント>

  1. 日本オリジナルの新しい価値を発信しているか。
  2. その価値が日本国内だけでなく海外からも高く評価されているか。
  3. その結果、日本に何らかの活力を直接、間接的にもたらしているか。

<選考の手順>

日経ビジネス、日経xTECH、日経クロストレンドの編集部が候補者の選定。21人を最終選考会(2018年12月3日開催)にノミネートした。

<選考委員>

選考委員長: 小宮山 宏 三菱総合研究所 理事長、東京大学 第28代総長
選考委員(50音順): 入山章栄 早稲田大学ビジネススクール 准教授
北野宏明 ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長、所長
齋藤精一 ライゾマティクス 代表取締役
坂村 健 INIAD 東洋大学情報連携学部 学部長
田川欣哉 Takram 代表取締役/英ロイヤル・カレッジ・オブ・アート客員教授・名誉フェロー
林千晶 ロフトワーク 代表取締役
松永 真理 松永真理事務所 代表
宮内 義彦 オリックス シニア・チェアマン
森川 亮 C Channel 代表取締役社長
山口絵理子 マザーハウス 代表取締役
米倉 誠一郎 法政大学大学院 教授・一橋大学 特任教授

※上記の選考基準にて、日経ビジネスRaise賞を除く各賞を決定しました。日経ビジネスRaise賞の詳細につきましては、2019年1月18日付のニュースリリース(https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/newsrelease/corp/20190118_2/)を参照ください。

※受賞者の素顔は2019年1月15日にオープンした日経ビジネス電子版で連載します。 (https://business.nikkei.com/special/innovators/

【お問い合わせ先】

日本イノベーター大賞に関するお問い合わせは、日経ビジネス編集部(03-6811-8101)にお願いいたします。取材のお申し込みは、経営企画室・広報(03-6811-8556)にお願いいたします。