ニュースリリース

NEWS RELEASE

日経BP社「環境ブランド調査2015」

 サントリー1位、トヨタ2位 社会課題と本業つなげる企業が上昇

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は、7月8日、2015年の「環境ブランド調査」の結果を発表しました。今年で16回目を迎えるこの調査は、日経BP環境経営フォーラムが毎年主要560企業ブランドを対象に、各企業の環境に関する活動が一般の消費者にどう伝わっているかについてインターネットを利用してアンケート調査し、結果を集計・分析しているものです。今回は、2015年3月18日~4月24日にアンケート調査を実施し、全国の消費者1万9639人から有効回答を得ました。調査結果の概要をご紹介します。

■環境ブランド指数ランキング上位20位

順位前年順位企業ブランド名指数
1(1)サントリー99.0
2(2)トヨタ自動車97.0
3(4)パナソニック92.1
4(5)日産自動車85.5
5(3)イオン83.5
6(11)ホンダ80.8
7(6)キリンビール78.4
8(12)アサヒビール77.6
9(8)シャープ77.1
10(22)コスモ石油76.2
11(10)東芝75.1
12(7)日本コカ・コーラ74.9
13(14)キリンビバレッジ73.9
14(18)ブリヂストン73.4
15(15)日立製作所72.8
16(25)マツダ72.5
17(20)アサヒ飲料71.0
17(17)ヤマト運輸71.0
19(19)三菱電機70.8
20(9)サッポロビール70.7

企業ブランドの形成に強く影響する4つの指標を総合した「環境ブランド指数」を主要指標とする。環境ブランド指数を構成する4つの指標とは、回答者が当該企業の環境情報に触れた度合いである「環境情報接触度」、環境報告書や各種メディアなど環境情報の入手先を集計した「環境コミュニケーション指標」、環境面で当てはまると思うイメージについて集計した「環境イメージ指標」、環境活動への評価度合いを集計した「環境評価指標」。偏差値(平均50)で表記し、全企業ブランド中の位置が分かるようにした

 環境ブランド調査の総合指標である「環境ブランド指数」が最も高かったのはサントリーで、5年連続首位となった。環境ブランド指数は99で、2位のトヨタ自動車との差は2ポイントに縮まった(昨年は8ポイントあった)。また、構成する4つの指標「環境情報接触」「環境コミュニケーション」「環境イメージ」「環境評価」のうち、昨年はすべての指標でサントリーが1位だったが、今年は環境コミュニケーションではパナソニックが1位、環境評価ではトヨタが1位となった。

■属性別ランキング上位

●男性によるランキング

順位企業ブランド名指数
1トヨタ自動車101.5
2パナソニック95.9
3サントリー92.0
4ホンダ90.6
5日産自動車86.1
6イオン83.5
7東芝81.9
7日立製作所81.9
9ブリヂストン81.1
10アサヒビール80.1
11キリンビール78.7
11マツダ78.7
13シャープ77.4
14日本コカ・コーラ76.9
15JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)76.5
16コスモ石油75.6
17ヤマト運輸75.0
18カゴメ74.4
19サッポロビール74.2
20NEC73.4
21キリンビバレッジ72.0
21日本たばこ産業(JT)72.0
23アサヒ飲料71.9
23ダイハツ工業71.9
25富士フイルム71.7
26ダイキン工業71.0
26三菱電機71.0
28東日本旅客鉄道(JR東日本)70.5
29花王70.2
30富士通70.0
30三菱自動車工業70.0

●女性によるランキング

順位企業ブランド名指数
1サントリー106.4
2トヨタ自動車91.5
3パナソニック88.1
4日産自動車84.8
5イオン83.5
6キリンビール77.9
7コスモ石油76.8
8シャープ76.7
9キリンビバレッジ75.5
10モスフードサービス74.7
11アサヒビール74.5
12日本コカ・コーラ71.5
13三菱電機70.6
14花王70.4
15ローソン70.3
16アサヒ飲料69.8
17ホンダ69.5
18セブン-イレブン・ジャパン69.3
19伊藤園68.9
20パナホーム68.7
21ライオン68.4
22カルピス68.0
22ヤマダ電機68.0
24ダイキン工業67.8
25良品計画67.7
26積水ハウス67.6
27日本たばこ産業(JT)67.4
28キヤノン67.2
28東芝67.2
30イトーヨーカ堂67.0

 属性別で見ると、男性ではトヨタが、女性ではサントリーが強い支持を集めていることは昨年と変わらない。モスフードサービスは女性の10位に入った。
ビジネスパーソン(会社経営者・会社役員・会社員)と専業主婦で比べると、コスモ石油が専業主婦の4位、富士フイルムが専業主婦の16位に入っている。上昇企業は女性や専業主婦の支持を得ていることが分かった。

 具体的な企業イメージである「環境イメージ指標」の傾向は下記の通りになっている。

 プラスイメージの「省エネルギーに努力している」では、自動車各社や省エネ性能の高いエアコンなどを出しているダイキン工業が10以内に入った。「リサイクルに力を入れている」では服などの商品のリサイクル活動を進めているファーストリテイリングが4位に入った。マイナスイメージでは、「地球温暖化を進めたり、エネルギーを無駄遣いしている面がある」と「効率的な資源利用や廃棄物の量・処理法などに課題がある」の両方で、東京電力がワースト1位になった。

■プラスイメージの上位企業

●省エネルギーに努力している

順位企業ブランド名
1トヨタ自動車29.1
2日産自動車22.8
3パナソニック21.7
4ホンダ19.7
5マツダ18.0
6シャープ16.2
6ダイキン工業16.2
8三菱電機15.4
9東芝15.3
10パナホーム14.4

●リサイクルに力を入れている

順位企業ブランド名
1イオン18.3
2サントリー17.8
3日本コカ・コーラ17.2
4ファーストリテイリング16.3
5パナソニック14.3
6キリンビール13.9
6ヤマダ電機13.9
8キヤノン13.0
9アサヒ飲料12.8
10アサヒビール12.7

●廃棄物削減に力を入れている

順位企業ブランド名
1サントリー9.9
2ローソン7.9
3パナソニック7.8
4日本コカ・コーラ7.1
5キリンビール7.0
6モスフードサービス6.9
7イオン6.7
8シャープ6.6
8セブン-イレブン・ジャパン6.6
10トヨタ自動車6.5
10日清食品6.5

■マイナスイメージの上位企業

●地球温暖化を進めたり、資源・エネルギーを無駄遣いしている面がある

順位企業ブランド名
1東京電力12.4
2トヨタ自動車8.9
3東北電力8.4
4全日本空輸(ANA)7.2
5関西電力6.8
6コスモ石油6.7
7ホンダ6.5
8九州電力6.4
8日本航空(JAL)6.4
10中部電力6.2

●効率的な資源利用や廃棄物の量・処理法などに課題がある

順位企業ブランド名
1東京電力15.5
2東北電力8.7
3日本マクドナルド7.9
4関西電力6.3
5セブン-イレブン・ジャパン5.8
6日本コカ・コーラ5.6
7ホンダ5.4
8九州電力5.3
9中部電力5.2
10ファミリーマート4.6

「この企業の環境活動についてどう思うか」と尋ね、上記のイメージ項目から当てはまると思うものを複数回答選んでもらった。スコアは回答者が各イメージを選んだ比率(%)

■日経BP環境経営フォーラムについて

 日経BP社が、地球環境の保全と企業経営の持続的発展を支援する目的で、2000年に設立した。約140社の協賛企業・団体と共同で、環境経営に関する研究や調査、発信などの活動に取り組んでいる。
日経BP環境経営フォーラムのホームページ

【本リリースに関するお問い合わせ先】

本調査に関するお問い合わせは、日経BP環境経営フォーラム事務局 電話03-6811-8803にお願いいたします。
取材のお申し込みは、コーポレート管理室・広報 電話03-6811-8556にお願いいたします。

さらに詳しい本調査の記事・ランキングは、日経エコロジー8月号(7月8日発売号)をお読みください。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/ECO.html