トップ > 神野正史のニュースは「世界史」に学べ! > 繰り返される国家衰亡の歴史、熊本地震から学ぶこと

神野正史のニュースは「世界史」に学べ!ビジネス

繰り返される国家衰亡の歴史、熊本地震から学ぶこと(1/8ページ)

2016.05.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本地震発生! 地震予知は恐らく不可能

 2016年4月14日21時26分、熊本を震源とするマグニチュード6.5、最大震度7の大地震が発生し、甚大な被害がもたらされました。本震だと思われたそれは、その28時間後に発生したマグニチュード7.3の地震により「前震」だと訂正され、その後も震度5~6レベルの地震が頻発し、さらには阿蘇山の噴火まで加わり、被害を拡大しつづけています。

(写真:PIXTA)

 月に人間を送り込むほどの科学力を誇っても、“灯台下暗し”ではありませんが、人間は自分の足下の地球のことはほとんどわかっていません。

 日本では、毎年何百億円もの税金を投入して地震予知研究に余念がないそうですが、これまで一度も当てたことはありません。半世紀近くも前から、「もうすぐ東海大地震が起こる!」「もうすぐ東海大震災に見舞われる!」と耳にタコが当たるほど叫ばれながら、いまだに東海大地震(最近は「南海トラフ大地震」と呼ばれるようになっています)は起こっていません。

 その間、別の地区では数多くの大地震が起こっています。最近20年の震度7級の巨大地震だけをみても、阪神淡路に大地震が起こり、新潟中越に大地震が起こり、東北に大地震が起こり、そして今回、九州に大地震が起こりました。「つぎこそ!」「つぎこそ!」と叫ばれつづけてきた東南海地方は、ずっと平穏のまま。

 政府の地震調査研究推進本部(以下、地震本部)が発表したことと言えば、

――今後、30年以内に南海トラフ地震が起こる可能性は70%!

……という、意味がありそうでほとんど意味のない予測のみ。30年以内のいつ起こるのかもわからず、確率の数字が本当に正しいのかどうかを証明する手段もなにひとつない。これでは単に「もうすぐ起こるよ」と言っているのと変わりません。

 キリスト教徒は、2000年前からずっと「神の国は近づいた!」と叫びつづけながら、いまだに神の国が到来する気配もありませんが、これに似ています。地震の場合、神の国と違って「もうすぐ起こる」「もうすぐ起こる」と永久に言っていれば、いつかは当たるでしょうが、そんなことなら莫大な研究費など費やすまでもなく、誰にでもできることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー