トップ > 戸田覚「デジモノ達人への道」 > Android搭載デジカメは何が嬉しいのか? パナソニック「LUMIX DMC-CM10」を試す

戸田覚「デジモノ達人への道」ビジネス

Android搭載デジカメは何が嬉しいのか? パナソニック「LUMIX DMC-CM10」を試す(1/5ページ)

2016.03.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックがOSにAndroidを搭載する変わり種デジカメ「LUMIX DMC-CM10」を発売した。前モデルは2000台限定だったが、新モデルは通常製品として販売される。つまり、一定の評価を得たので、通常販売に踏み切ったというところだろう。

 スマートフォン(スマホ)とデジカメが融合すると何がうれしいのか、早速レビューしていこう。到着したLUMIX DMC-CM10を手にした第一印象は、“なんとも微妙な感じ”だった。

この角度から見ると、まさにデジカメの「LUMIX DMC-CM10」
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズはスマホとしてはちょっと分厚く、ボディ部分が15.2ミリ、大きなレンズが飛び出している箇所は21.1ミリもある。スマホとして見ると非常に分厚いのだ。

iPhone 6s Plusと比べると少し小さいことがわかる。ただ、厚みと重量があるので、ポケットへの収まりは負けている
[画像のクリックで拡大表示]

 逆にデジカメとして考えると、かなり薄型だがサイズが大きい。まあ、OSがAndroidで快適に作業するためには、当然ながらサイズの大きな液晶モニターが必要になる。搭載しているのは、スマホであればちょっと小さめな4.7インチだが、デジカメとしてはこのサイズでも大きいのだ。

 レンズはもちろん、スマホ以上だ。搭載するのは35ミリ換算で28ミリ/F2.8の「ライカDC エルマリートレンズ」で、光学とデジタルを組み合わせた最大4倍のズーム機能を備える。重さは200グラムを超えるので、スマホとしてはヘビー級。はっきり言ってポケットへの収まりはよろしくない。

 携帯性という意味では、やや大きめのコンパクトデジカメと考えた方が良いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー