用語集

記事一覧

CRE / PRE


 CREとは、Corporate Real Estateの略称で企業不動産と訳し、企業が利用(所有・貸借・リース)する不動産を指す。具体的には、本社、支社、支店、営業所、工場、研究所、店舗などの事業のための自社施設、オフィスビルやマンションなどの賃貸物件、社宅、寮、保養所、遊休地などの運用・福利厚生施設、そのほか事業のために賃借している施設などを含む。

 PREとは、Public Real Estateの略で、「公的不動産」と訳し、国や地方自治体などが保有する不動産を指す。

 それぞれについて、国土交通省がガイドラインを公表している。「CRE戦略を実践するための手引き(平成20年度改訂版)」(2009年3月)と、「まちづくりのための公的不動産(PRE)有効活用ガイドライン」(2014年4月)である。

 後者については、「PREが我が国全体の不動産に占める割合は約1/4と非常に大きく、コンパクトシティ等の推進のためにはPREの有効活用が重要」という認識の下にまとめられている。同ガイドラインは、地方自治法第245条の4の規定に基づく技術的助言の性格を有するもので、各地方自治体が今後の都市行政での参考にするよう要請している。

この記事のURL https://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20150218/435855/