トップ > 未来を切り拓く「未知への挑戦」 > 夜の銀座の慢性的なタクシー渋滞を解消、ETCを使ってタクシー車両を管理する【前編】

未来を切り拓く「未知への挑戦」ビジネス

夜の銀座の慢性的なタクシー渋滞を解消、ETCを使ってタクシー車両を管理する【前編】(6/6ページ)

2013.11.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CO2削減効果や経済効果も期待でき、今後検証する予定

――今回の対策によって、どれくらいの効果があったのでしょうか。

増田 従来は御門通りで二重三重のタクシー待機列ができて、それに伴う渋滞が発生していましたが、現在はタクシー待機列が解消され、渋滞もなくなっています。

江端 事故も減り、警察への通報件数も大幅に減少したと聞いています。

――渋滞解消以外にも、期待できる効果はありますか。

江端 CO2(二酸化炭素)削減効果や経済効果などが期待できると考えていますので、今後、それらの効果について検証していくつもりです。

――実際にシステムを運用しているのはどちらになりますか。

増田 われわれ「銀座ショットガン運営協議会」が主体となって運用しています。当協議会には、一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会、社団法人東京都個人タクシー協会、公益財団法人東京タクシーセンターが参加していて、東京都にご協力いただいています。

後編に続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー