AGING Web

トップページ > AGING FORUM 2011開催報告
過去の報告記事一覧 「ASIAN AGING SUMMIT2012」開催報告 Good Doctor NET メンタルヘルスとリワーク 第29回日本医学会総会 2015 関西 第25回 GEヘルシーマジネーション大賞

AGING FOURM 2011開催報告

シンポジウム第2日 11月10日(木)
超高齢社会におけるAGING SOLUTION
セッション1-2 超高齢社会の成長戦略II
超高齢社会の住宅、街、コミュニティのあり方
2012/04/02
東京大学高齢社会総合研究機構機構長 鎌田 実 氏
座長コメント
超高齢社会の住宅、街、コミュニティのあり方
プランテックアソシエイツ代表取締役会長兼社長 大江 匡 氏
1.超高齢社会における都市・社会のあり方
人間総合大学保健医療学部学部長 柴田 博 氏
2.虚弱な高齢者に優しい街づくり
日本ヒューレット・パッカード代表取締役執行役員 小出 伸一 氏
3.理想的な超高齢社会を創るICTネットワーク
ユニ・チャーム代表取締役社長執行役員 高原 豪久 氏
4.超高齢社会における企業の役割
2012/06/20
ディスカッション
座長:鎌田 実 氏 パネラー:上記4氏
超高齢社会の成長戦略2
超高齢社会の住宅、街、コミュニティのあり方
セッション2-1 超高齢社会のコンセンサスづくり
AGING WELL ~いかに生き、いかに死ぬか
2012/04/02
千葉大学学長 齋藤 康 氏
座長コメント
AGING WELL ~いかに生き、いかに死ぬか
東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター特任研究員
会田 薫子 氏
1.死生観 ~AGINGに向けた国民教育
国立長寿医療研究センター病院長 鳥羽 研二 氏
2.終末期医療の実際 2030年 医療の課題
国際医療福祉大学教授 鈴木 裕 氏
3.終末期医療と延命治療。特に胃ろうの是非を問う
2012/06/27
ディスカッション
座長:齋藤 康 氏 パネラー:上記3氏
超高齢社会のコンセンサスづくり
AGING WELL いかに生き、いかに死ぬか
セッション2-2 超高齢社会の成長戦略III
在宅医療~病院から在宅へ。
地域医療再編による新しい市場
2012/04/02
国立長寿医療研究センター 理事長・総長 大島 伸一 氏
座長コメント
在宅医療~病院から在宅へ。地域医療再編による新しい市場
佐久総合病院地域ケア科医長 北澤 彰浩 氏
1.訪問医療の原点 超高齢社会の在宅医療
医療法人アスムス理事長 太田 秀樹 氏
2.在宅医療とコミュニティケア
藤田保健衛生大学副学長 才藤 栄一 氏
3.ロボットが変える超高齢社会のリハビリ
2012/07/04
ディスカッション
座長:大島 伸一 氏 パネラー:上記3氏
超高齢社会の成長戦略3
在宅医療~病院から在宅へ。地域医療再編による新しい市場
シンポジウムIII
2030年へのロードマップ この国を“創る”
2012/04/02
基調講演
三菱総合研究所理事長 小宮山 宏 氏
2030年へのロードマップ この国を“創る”
東京女子医科大学教授 渡辺 俊介 氏
座長コメント
2030年へのロードマップ この国を“創る”
1.アカデミアの視点から
 
東京大学高齢社会総合研究機構教授
秋山 弘子 氏
“まちづくり”社会実験
2.政策立案の視点から
全国社会保険協会連合会理事長 伊藤 雅治 氏
医療における負担と給付。
国民的合意形成をどのように進めるか
3.政治・立法府の視点から(1)
民主党参議院議員 梅村 聡 氏
超高齢社会に向けた医療政策。意思決定の革新
3.政治・立法府の視点から(2)
自由民主党衆議院議員 西村 康稔 氏
2030年 産業振興のための国家的支援
4.企業・産業の視点から
慶應義塾大学大学院教授 佐々木 経世 氏
あるべき社会の実現のために、産官学政をどう結ぶか
2012/05/23
パネル・ディスカッション
座長:東京女子医科大学教授 渡辺俊介 氏
パネラー:小宮山 氏を除く上記5氏
2030年へのロードマップ この国を“創る”

Copyright(c) Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved.