ここから本文です
噺家・柳家三之助の「落語の世界へようこそ」
第46回 八っあん、何を喰ってるんだい?
2008/12/26

あったかいおまんまの意味とは
噺家・柳家三之助
噺家・柳家三之助

 すっかり年の瀬です。もういくつ寝ると、です。これを読んでくださっている年代の方はもう独楽を回したりするお年ではないと思いますが、お正月の寄席には一年中独楽ばかり回している芸人も出てまいります。ぜひお正月の寄席にお出かけくださいね。

 さて、前回の課題、いかがでした? 饅頭を酒で流し込んでいただけましたか?

 よく左党、右党なんということをいいますが、私個人は「酒飲みが甘いもんなんか食えるかぃ」という意見には反対です。

 何を言ってんですか、酒は早い話が砂糖水じゃあありませんか。それを証拠にぱたっと酒を止めてごらんなさい、甘い物を食べ出しますよ。ウイスキーにチョコレートやフルーツが合うように、お酒にも甘い物は合うと思うんですよねえ、例えば薄めのお汁粉をすすりながらお酒なんてどうです? だめかなあ・・・。

 落語を楽しんでいただく上で、昔の食生活を知っていただくのはよいことです。そればかりではなく、現在の自分の食べているものを見直すヒントともなると思うのです。昔の食べ物は質素で、今は贅沢の限りであるというのはもうお分かり頂いているんですが、もう少し掘り下げてみましょう。

 「あったかいおまんま喰わせてやれ」「おまんま?炊きたてです?」なんという台詞がよく出てきます。生まれたときからご家庭に炊飯ジャーのある世代には特に意味もなく通り過ぎてしまう台詞ですが、わざわざこんな台詞を残しているのにはやっぱりわけがございます。

1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る