ここから本文です
噺家・柳家三之助の「落語の世界へようこそ」
第1回 どうでもよくない
2007/03/02

落語家ではなく“噺家”

 皆さんこんにちは。

 柳家三之助と申します。このコラムでは、落語を生業としているわたくしが、落語に関連した話題を通じて皆さんにお話をさせていただこうというものです。

噺家・柳家三之助
噺家・柳家三之助

 だからといって、このコラムを読むと、とにかく落語のことがよく分かる!なんてものにはしないつもりです。そういうのがお好きな方は、わたくしの書いた落語の本などもありますから(さりげなく宣伝)、そちらをお読みいただくとして、ここでは常に「落語」を中心にしながらも、物の考え方、楽しみ方、日々の在りよう、森羅万象、神社仏閣・・・いろいろとお話ししていきたいと思います。

 さて、落語を生業としているとお話しましたが、世間的にはそのような人間のことを「落語家」と呼ぶことが多いようです。しかしながらわたくしが自分のことをどう名乗っているか。「噺家」という言葉を使っています。私は噺家です。そう思っています。

 たった今からわれわれのことを「噺家」と呼んでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。それだけで今日これを読んでいただいた価値があるというものです。

 こういうことを申し上げると「そんなことどうでもいいじゃないか」とおっしゃる方もいらっしゃいます。ですから簡単に、どうして「噺家」なのかという理由を申し上げることにいたしましょう。

1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る