ここから本文です
色彩豊かな豪クイーンズランド州 太陽の光に包まれた楽園
ケアンズでバカンスを満喫<その3>~ゴルフにショッピング、暮らすように楽しむ~
2008/05/07

 マリンブルーの海と色鮮やかなコーラル(サンゴ)が美しいグレートバリアリーフ、深いフォレストグリーンが心も体も癒してくれる熱帯雨林。2つの世界遺産に囲まれたクイーンズランド州ケアンズは、雄大な自然を生かしたアクティビティも豊富だ。

 「何もしない贅沢」といわれる旅もあるが、ここには「何でもできる贅沢」がある。アウトドアでゴルフや熱気球を楽しむも良し、ナイトライフにはカジノもある。滞在期間を十分にとって、あこがれのロングステイを体感しつつ「暮らす楽しみ」にひたってみるのもいいだろう。

何度も通いたくなるチャンピオンコースでゴルフ三昧
パラダイスパームスはオーストラリアでも有数のリゾートゴルフコース。起伏に富んだグリーンを備え、チャレンジ精神をかき立てられるコースデザインとなっている。クラブハウスは結婚式もできる美しい建物。

 自然豊かなケアンズはゴルフコースが充実しているのも特徴だ。ゴルフフィーも手頃で、ビジターや1人での利用もできる気軽さが注目を呼んでいる。数あるゴルフコースの中でも人気なのが、パラダイス パームズ カントリークラブだ。

 グラハム・マーシュとロス・ワトソンの設計になるコースは、周囲の自然環境のすばらしさを取り入れた起伏に富んだもの。グリーンイエローに輝く広いフェアウェー、蛇行したクリーク、変化に富んだグリーンなどで、オーストラリアを代表するチャンピオンシップリゾートコースに認証されている。ただ難しいだけでなく、挑戦する楽しみを与えてくれる、通うほどに楽しみが増す魅惑的なコースだ。

 カートでコース内を走れば、ヤシや熱帯の木々、鮮やかな花々に包まれて森林浴気分が味わえ、鳥やワラビーなど野生生物に出会えるのもオーストラリアならでは。ちなみに電動カートはグリーンまで乗り入れ可能。その気安さもいい。ビジターで訪れる場合は、レンタルのクラブやシューズもあるので手ぶらでも利用できる。

 敷地内にはレストラン、バーのほか、テニスコート、プール、サウナ、ビーチバレーコートなどもある。時には、夫婦別々にスポーツを楽しんでもいいだろう。日本人スタッフが常駐しているので、安心感もある。日本のコースにありがちなせわしさを忘れて、ゆったりとプレーに集中する。ゴルフ本来の楽しさを発見できるだろう。

 また、カントリークラブ内には分譲地があり、このゴルフコースに魅せられて別荘にして、暮らしている日本人も多い。セカンドステージへの夢をここで実現してみるのはどうだろうか。


パラダイス パームズ カントリークラブ
 電話: + 61 7 4059 9999
 予約: + 61 7 4059 1120
 e-mail(日本語): tsakata@paradisepalms.com.au

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページ 4ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
オーストラリアの情報はこちら
ケアンズ、ゴールドコースト、グレートバリアリーフ、ウィットサンデー
www.queensland-colors.jp/
成田からケアンズへ
カンタス航空
http://www.qantas.com.au/international/jp/index.html
名古屋、大阪からケアンズへ
ジェットスター
http://www.jetstar.com/jp/index.html
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る