ここから本文です
知ってました?ゴルフの豆知識海外でゴルフ三昧をしたい<その2>~コースに出てからの注意点~
2009/07/24

 海外でのラウンドは「セルフプレー」が基本。お世話をしてくれるキャディさんがいないぶん、段取りよくスムーズにプレーして、ゴルフを満喫しよう!

スプリンクラーヘッドに距離表示

 ティータイムの5~10分前になったら、カートを運転してティーインググラウンドへ。1番ホールにはスタッフがいて、スタート時間の確認やプレー方法の説明を受ける。

 どこのティーマークから打ってもOKだが、自分の実力に合ったティーを選ぶことが大事。バックティーだと7000ヤードを軽く超えるところもあるので、スコアカードでヤーデージをチェックしておこう。

 もし他のゴルファーと一緒の組になったときは、同じところから打ったほうがスロープレーにならず、会話もできて早く打ち解けることができる。

 コースの情報は、各ティーインググラウンドにある看板や、カートに積んであるレイアウト図、ピンポジション表などを参考にする。

 フェアウェイに埋め込まれたスプリンクラーヘッドに、グリーンまでの距離が表示されているので、セカンド地点では自分のボールの近くにあるスプリンクラーをまずは探そう。

1ページ 2ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「MAT-T」を使ったレッスン風景はこちら
(視聴にはWindowsMediaPlayerが必要です)

 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る