ここから本文です
知ってました?ゴルフの豆知識
2007/07/06

 先月,熊本県のゴルフ場で,プレー中の男性の頭に同僚が打ったボールが直撃し,死亡する事故が起こった。ゴルフクラブやボールは一歩間違うと,危険な凶器となる。みなさんもくれぐれもご注意を。

 ということで,今回は先月の事故の概要と過去の判例などを紹介する。豆知識というよりも,改めてゴルフの危険性を再認識してもらいたい。

20~30メートル斜め前で直撃

 サンケイスポーツによると,事故が起こったのは熊本県の「植木カントリークラブ」。亡くなったAさんは会社の同僚3人とラウンドをスタートし,パー5の9番ホールを迎えていた。

 そのセカンドショット地点でのこと。同僚の男性ひとりが3番ウッドでグリーンめがけて第2打を打ったところ,20~30メートル斜め前に立っていたAさんの左こめかみ付近にボールが直撃したという。

 なぜ,Aさんがその位置に立っていたかは不明だが,ボールが当たった直後は意識はあり,「大丈夫」と話していたらしい。しかし,次第に患部が腫れ上がり,多少の出血もみられたため,プレーを中断してクラブハウスへ。

 患部を水で冷やすなどの応急処置をしていたが,救急車が到着する前に意識を失い,Aさんは3日後に亡くなった。死因は急性硬膜下血腫だった。

1ページ 2ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「MAT-T」を使ったレッスン風景はこちら
(視聴にはWindowsMediaPlayerが必要です)

 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る