ここから本文です
大自然と絶景を楽しむ
四季折々の自然を堪能 霧ヶ峰の暮らしと楽しみ
2008/08/06

頻繁に行きたくなる別荘の条件とは

 子育ては卒業。生活にゆとりができ、これから人生のもうひとつの楽しみ方を見つけたい。そんな人生の新たなスタートラインに立ったとき、別荘のオーナーになることを決断する人は多い。しかし、「購入してよかった、無駄ではなかった」と感じさせてくれる別荘を探すのは難しい。たとえ価格がリーズナブルであったとしても「訪れるのは夏休みだけ」となってしまってはもったいない。ポイントは、いかに別荘を楽しみ尽くせるかにある。

 「思い立ったら、クルマのハンドルを握り、ここに来てしまう」と語ってくれたのは、霧ヶ峰の別荘地「ビバルデの丘」のオーナー青木秀壽さん(第2回参照)だ。「ビバルデの丘」には、別荘を生活の第二の拠点として利用している人が多いが、最大の理由は、別荘地から眺めるすばらしい眺望にある。

四季に応じた美しい景色が楽しめる
[ 画像クリックで拡大 、左上右上左下右下

 八ヶ岳連峰、富士山、南アルプスを一望できる「ビバルデの丘」。春は、まだ雪山の白さが眩しいアルプスを背景に新緑の草木が芽生え、ところどころにオレンジ色のレンゲツツジが顔を出す。夏は、どこまでも高く広い空。緑の高原の一面に咲き誇るとともに黄色いニッコウキスゲが咲き誇る。秋には、山々の紅葉や湿地帯の草紅葉が目を楽しませてくれる。

 「私のもっとも好きな季節は、じつは冬」というのは「ビバルデの丘」の管理センターの百瀬勝昭さん(第1回参照)だ。すっかり静かになった草原や葉を落としたカラマツの上に、うっすらと雪化粧したモノクロームの世界。晴れた日には、荘厳な冬のアルプスが目の前に現れる。

 「他では絶対に味わえない眺望。どんなときに来ても、それが私を待っていてくれるんです。景色を眺めているだけで、気持ちがリフレッシュされる」と青木さんをはじめ、「ビバルデの丘」のオーナーたちは口をそろえる。


1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る