ここから本文です
体と地球に優しい自転車にチャレンジ
2008年モデルから占う 自転車の最新トレンド
2008/03/26

シンプルなスタイリングで人気のフィキシー。写真はイタリアのハンドメイド工房ズッロ製。

 このところスポーツバイクが目につく。都心では“フィキシー”というニューヨークのバイクメッセンジャーたちから世界中に飛び火した、固定ギヤのバイクに乗る若者が増えている。競輪選手が乗る自転車と同じタイプのバイクは、ダイレクトな加速感があって独特の魅力がある。当然ながら坂を登るのは苦手だし、遠くまで走るのにも向いていない。しかし、シンプルなスタイリングは美しく、価格も安いためファンが増えている。

 そして、スポーツバイク人気の本命となっているのがロードバイクだ。休日ともなれば、都内はもちろん、郊外の幹線道路や峠でも走っているサイクリストを目にすることが多いだろう。最新モデルは軽さと疲労軽減を追求し、フレーム素材にカーボンファイバーを採用したモデルが多い。ギヤも前が2枚、後ろが10枚あり20段変速となっていて、道路状況や風向きによって細かく変わる状況に合わせて、最適なギヤ比が選択できる。

 ロードバイクと一口に言っても、価格はピンからキリまで。入門者用の8万円クラスから、ツール・ド・フランスで使われるような最高級モデルともなると100万円を超えるモノも少なくない。クルマのようにエンジン出力に差があるわけでもなく、豪華な内装もないのに、なぜこのような価格差があるのか? その違いは簡単に言ってしまうと素材と重量の差である。


1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る