ここから本文です
煌きのアンダルシア
コスタ・デル・ソルでロングステイ 地中海屈指のリゾートで“暮らし”を楽しむ
2008/02/01

コスタ・デル・ソルは人気のリゾート地 白壁に格子窓、色とりどりの花。ミハスはそんなアンダルシアの「白い街」のイメージどおりの街

 マラガの街を中心に、ジブラルタルからネルハまでの地中海に面した海岸線。この地域はコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)と呼ばれ、全長300キロに及ぶ美しいビーチが延々と続く。最近では、日本でもロングステイの人気デスティネーションとして注目され始めている。そんなコスタ・デル・ソルで“暮らす”魅力に迫った。

白い街「ミハス」

 朝早くぶらりと散歩に出る。花の飾りのある白壁に、挟まれるように路地が続いている。昼間の輝くような日差しと違って、朝は想像以上に涼しい。サン・セバスチャン通りで、犬を連れて散歩するおばあちゃんと出会うと、人なつこい笑顔で挨拶をしてくれた。誰もがホッとするような素敵な笑顔だった。スペインの人はなんて素敵な笑顔を見せてくれるのだろう。

 坂道のサン・セバスチャン通りをさらに上がると、道はますます狭くなり、階段のたまりごとに家々の玄関がある。パンを焼く匂いだろうか、香ばしい香りが道に流れていた。「白い街」として知られる、コスタ・デル・ソルの小さな街、ミハスの朝はこうして動き出す。

 岩山の斜面に密集するように並ぶ白い家々。おとぎ話に出てくるような美しい町の景色──。南スペインでの暮らしに“憧れ”を抱く人も少なくないだろう。実際、コスタ・デル・ソルには、ロングステイに必要不可欠なものがすべてそろっているといっても過言ではない。

 例えば滞在施設。そもそも北欧や英国、ドイツ、スイスなどから訪れる観光客は滞在日数が長いため、長期滞在に対応した各種施設が充実しており、海岸線には、ホテルの数を上回るほどのアパートメントが多く並んでいる。加えて、温暖な気候がある。コスタ・デル・ソルでは、晴天の日が年間300日を数えるという。夏の日中は30度を超す日が続くものの、乾燥しているのでそれほど苦にならないし、日陰に入るとぐんと涼しい。また、夕方から夜にかけての涼しさは格別で、とても過ごしやすい。冬場でも、平均気温は20度を少し下回る程度だ。

トレモリノスは古くからリゾートとして発展してきたコスタ・デル・ソルの中心地。明るく開放的な雰囲気で、バカンスシーズンには多くの外国人客で賑わう

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページ 4ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る