ここから本文です
知っておきたい 得する医療の常識
“病院ランキング本の正しい使い方って?
2006/02/15

日本には客観的な評価基準がない?!

 前回,インターネットでも医療機関情報の情報がかなり得られることを紹介した。ただ,ネットには膨大な情報が溢れていることや何を指標にして選べばいいか迷う人も多いだろう。

 そんな人々の需要に応えているのが病院や医師などの“ランキング本”である。本屋の店頭にはたくさん並んでいる上に,次々と改訂版が出版される。それだけ病院選びには関心が高い訳だ。しかし,いずれの本も情報が盛りだくさんで,結局,何を基準に選べばよいのか迷ってしまう。

 そこで,このコラムではランキング本の使い方,読み方,各書の概要や特徴などを2回に分けてお届けすることにした。

 1回目の今回は,病院ランキング本の読み方,病院や医師の情報を実際の病院選びにどう活用すべきか,「Dr.米山の活脳塾」でお馴染みの医師で作家の米山公啓さんに聞いた。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る