ここから本文です
セカンドステージ冠婚葬祭講座
<葬祭編:第48回>愛するペットと同じ墓に入れるか?
2009/01/09

 冠婚葬祭のやり方やマナーにはいろいろな考え方があり、どれが正しいのか分からないという読者の方は多いと思います。そこで、雑誌『SOGI』編集長で死や葬送関係に関する評論活動をされている、碑文谷創さんに現在の葬送についてQ&Aの形式でお訊きします。今回はペットのお墓についてです。

Q: わが家には14歳になる犬がいます。家族同然の存在なので、私たち夫婦と死んでからも一緒のお墓に入りたいのですが可能でしょうか?

A: 近年、家族が縮小し、単独世帯や夫婦のみの世帯が増えてきています。それとともにペットとして飼っている犬や猫などが飼い主にとっては家族同様の存在となりつつあります。その大事にしていたペットが死ぬことで、家族が喪われた時と同じ現象であるグリーフ(死別の悲嘆)が発生するケースが少なくありません。これを「ペットロス」と言います。

 著名な学者が、かつてはペットロスについて「人間ではないのだからペットロスを大げさに言うのはどうかと思う」と発言していたのですが、いざ自分が飼っている犬に死なれたとき、「前言を取り消す。わが家の飼い犬が死んだことで私は家族を喪った、あるいはそれ以上の悲しみを体験した」と告白したものです。

 いまやペットの存在は、飼い主にとっては「ペット」以上の「家族」の位置になっていることが少なくありません。

 これは「いい、悪い」の問題ではないのです。ペットを飼っていない人、ペットの死に出遭っていない人にとっては理解しにくいことであっても、ペットの死を体験した人は、その死によって家族の喪失と同等、あるいはそれ以上の喪失感に襲われることがしばしばあるのです。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
 
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る