ここから本文です
duV
大西仁美のやさしい健康スポトレ
2008年に全世界で注目の運動法は?
2008/05/13
パーソナルトレーナーって何?
大西トレーナーはこんな人

 こんにちは。ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。皆さんはどのように過ごされましたか?

 私は家でホームパーティーを開いたり、植木いじりをしたりして、人ごみにもまれることもなく楽しい時間を過ごしました。夏も近いですね。1か月ほど前に植えたトマトがみるみる大きくなり、収穫が楽しみです。

 今回は、米国に行った際に入手した、世界で今年注目されている運動法ランキングのデータをご紹介させていただきたいと思います。
(※このデータは、ACSM’s Health and Fitness JournalのデータとしてACSMが健康に関するコマーシャル業界や、クリニック、団体などから集めたものです。データは全世界から集めたものを元に作っています。)

 全世界から集めたデータなのですが、ACSMが米国の協会だけあって、当地で注目されている運動法が目立ちます。

  1. 正しい健康に対する知識提供
  2. 肥満児向けの運動
  3. パーソナルトレーニング
  4. 筋力トレーニング
  5. コアトレーニング
  6. 高年齢者向けの運動
  7. ピラティス
  8. 機能運動
  9. バランスボール
  10. ヨガ

 中には、運動法?と思われるものもありますが、去年のデータと比較してみても、コアトレーニングと筋力トレーニングは相変わらずトップ10に根強く定着しています。また、幼児の肥満は米国では深刻なようです。去年も今年もトップ3に入ってきています。


1ページ 2ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る