ここから本文です
天野宏の実用・漢方早わかり
喉や口の奥に異常を感じたら

2007/07/05

 ビールがうまい季節になった。ビアガーデンで仲間と昔話を咲かせる団塊世代の姿をよくみかける。

 懐かしさもあり杯を重ねるうちに、喉に何かがひっかかったような感じがしたり、喉がひりひりして何かが出来ているような異常感に気づく人もいるかもしれない。年齢的に、もしや食道がんではないかと不安がよぎり、日頃から何かが喉にひっかかっていることに思い当たるとなおさら心配になる。

 喉に異常感がある「咽喉頭異常感症」の原因となる疾患は、慢性咽頭炎、慢性扁桃炎、扁桃肥大、頸部食道がんなどのほかに精神的な要因によるものも少なくない。

 検査で原因となる疾患がわかれば、その治療が優先する。とくに器質的な疾患がない不安神経症などによる咽喉頭異常感に漢方は適している。

 もっともよく知られているのが「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」である。古典には「のどのなかに炙った肉があるように感じる」「喉に梅の種が詰まったような感じがする」などを使用目標にあげている。古人は喉の中が塞がる感じがしたり、咽中になにか球状のもがひっかかり、それが気になることを梅核気(ばいかくき)と呼んだ。

 この薬方に含まれる「半夏(はんげ)」「茯苓(ぶくりょう)」は胃内停水を去り悪心、嘔吐を治し、血液の循環を調整する作用があり、「蘇葉(そよう)」「生姜(しょうきょう)」には気分をほぐし、胃腸機能を良好にする働きがある。この薬が適応となる人は胃腸が弱く、胃部に停滞感、腹部膨満感などが見られることが多い。

1ページ 2ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る