ここから本文です
デジカメ買うならコレ!夏のボーナスで購入したい デジタル一眼レフ
2009/07/10

コンパクトからステップアップする人向けの製品は?

 今回は「夏のボーナスで購入したいデジタル一眼レフ」と題して、クラス別におすすめのデジタル一眼レフを紹介しよう。“この夏こそはデジタル一眼レフを購入するぞ”と考えている人にとって、少しでも参考になれば幸いである。

 まずは、コンパクトデジタルカメラからデジタル一眼レフにステップアップする人を対象に、オススメのエントリーモデルを紹介しよう。これまでコンパクトデジタルカメラしか使ったことがない人にとって、デジタル一眼レフは、「操作が難しそう」「レンズは何を選べばよいのかわからない」といった不安があるだろう。だが安心してほしい。最近のエントリーモデルはコンパクトデジタルカメラとそう変わりない操作性で簡単にデジタル一眼レフならではのキレイな写真が撮れるのだ。

 その理由は、エントリーモデルのほとんどのモデルがライブビュー機能(液晶画面で撮影できる機能)を搭載しており、コンパクトカメラと同様の操作感で撮影できること。また、あらかじめ撮影シーンに合わせて色彩を調整するシーンモードを豊富に搭載しているモデルも多い。被写体に合ったシーンモード選ぶだけで、その場の雰囲気をキレイに撮影できる。デジタル一眼レフというと、カメラの知識がないとキレイな写真が撮れないと思う人も多いかも知れないが、決してそんなことはないのだ。コンパクトカメラで普段から撮影を楽しんでいる人なら、最初こそ途惑う部分もあるかもしれないが、すぐに操作に慣れるはずだ。

 レンズに関して知識が乏しく、どのレンズを購入したらよいのかわからないというのなら、レンズセットモデルを選ぼう。ほとんどのエントリーモデルにはレンズセットモデルが用意されている。もちろん、普段の撮影で使い勝手のよいレンズがセットされているので、まずはこのレンズセットモデルを購入するのがオススメだ。

 レンズセットモデルは、レンズが1本付属するモデルまたは2本付属するモデルがある。予算に余裕があるのなら、レンズが2本セットになったモデルを選ぼう。レンズが2本セットになっているモデルは、望遠レンズが付属しているので、運動会や学芸会などのイベントや、旅行先で少し離れた場所にあるものを大きく撮ることができる。デジタル一眼レフは、レンズを情況や被写体に合わせて交換し、自由な発想で撮影できるのが最大の楽しみ。その点から考えてもレンズが2本セットになったモデルがオススメだ。

 では、現在発売されているエントリーモデルのなかで具体的にオススメのモデルを紹介しよう。エントリーモデルを購入する際にポイントとなるのは、使い勝手のよさやシーンモードの多さだ。カメラの基本スペックの高さよりも操作に迷わないモデルを選びたい。


1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 6ページ 7ページ 8ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る