ここから本文です
ムッシュOの美味礼賛
カーエムの「フォアグラ」
2009/07/17

スプーンですくったフォアグラテリーヌ

フォアグラでフランス料理の世界へ

 初めて食べたフォアグラは缶詰だった。いわゆるレバーペーストとの違いがよくわからなかったが、高価な分「美味しい」と思わないと損をするような気がしたものである。

 ある時フレンチ好きの友人に「美味しいフォアグラを食べに行こうよ」と誘われた。

 恵比寿にある瀟洒なレストランのドアを押し開けるとき、彼は「ここのフォアグラを食べると、もはや他のレストランのは食べられないよ」とまで言った。

 そのレストランが「カーエム」であった。

 フォアグラは私をフランス料理というものに導いてくれた最初の案内人であった。

 さて、フォアグラとはご存知の通り「ガチョウ」もしくは「鴨」に強制的にトウモロコシなどの飼料を食べさせ、肥大化させた肝臓のことである。

 歴史は古く、古代エジプト人もローマ人もガチョウを使ってこれを行っていた。文献によると古代ローマ時代には飼料にイチジクを使い、肥大させた肝臓を取り出したあと、すぐに蜂蜜をまぜた牛乳につけて柔らかくさせていたらしい。いかにも当時から高級食材と思わせる話だ。

レストラン「カーエム」の外観


1ページ 2ページへ 23ページへ 4ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る