ここから本文です

すべて自分でやれる“ひとりビジネス”に挑戦<その2>~納得できる仕事と趣味を満喫する日々~

 「会社を設立して、早速、マシンをリースしようと思ったら、連帯保証人が必要だというんです。私の親と妻の親の二人に連帯保証人になってもらって、なんとか導入することができました」と、堀江さんは初めての会社設立時のとまどいを振り返る。

 レーザーマシンの操作は1日だけ業者にレクチャーを受け、あとはひたすら、半年ほど試作づくりに励んだ。「あ、こんなの出来た、かっこいい」などと自画自賛しながら。傍から見ればお遊びみたいなものだったかもしれない。

ホームページを起ち上げてアピール

 パソコンも、サンリオ時代はMacユーザーだったから、Windowsなんか絶対に使うものかと思っていた。しかし、レーザーマシンではWindowsしか使えない。仕方なく、初めてWindowsの勉強をした。「パソコンの操作から彫るためのソフトの使い方まで、何から何まで全部自分で、ああでもないこうでもないと試行錯誤しました」。

 まさに「1から10まですべて自分で作って売る」仕事のための入念な準備期間として、半年という時間は堀江さんにとって不可欠だったにちがいない。

 堀江さんが最初に考えていた商品は、家紋などを入れたオリジナルグッズだった。型や版を起こす必要がないレーザー彫刻は、多品種少量生産に向いている。数百から千個単位ではなく、数十個単位の仕事を請けることができるのではないか。そこで、小ロットのノベルティグッズに対応できるという売り出し方をすることにした。そして、ホームページを起ち上げてアピールしてみた。

デザインにもパソコンを使用する

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る