ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
夫婦で始めた全国フォト・キャラバン<その1>~夫婦で楽しみながら旅する幸せ~
2008/06/10

 北は北海道から、南は沖縄まで、旅の風景を写真に収めながら、夫婦二人三脚で全国津津浦浦を行く。4WDのワンボックスカーにはカメラ機材をはじめ、デジタル機器、生活道具など、ありとあらゆる設備・道具を詰め込んである。名づけて「夫婦で行く全国フォト・キャラバン」。実行しているのは、中山馨(63歳)・恵子(59歳)夫妻だ。

 定年後のセカンドステージを、あえて「夫婦」にこだわろうと決めた中山さん流フォト・キャラバン。さらに、その成果を基に、中山さんは、第2の人生を写真のプロとして生きることを考えている。なぜフォト・キャラバンなのか、夫婦で旅するとはどういうことなのか。中山夫妻にじっくり聞いてみた。

熟年離婚の風潮に心が痛む
中山夫妻

 2002年10月27日。中山夫妻の全国フォト・キャラバンはスタートした。ワンボックスカーに必要な機材・道具を詰め込み、夫婦2人で日本中の気になる場所、行きたい場所に出かけていく。目的は写真を撮ること。そして、目指すは日本全国制覇。そんな旅を、中山さんは「夫婦で行く全国フォト・キャラバン」と命名した。

 1回のキャラバンの平均期間は2~3週間。2008年5月現在で、すでに39回を数える。この夫婦2人のフォト・キャラバンの旅。始めるきっかけとなったのは、近年の熟年夫婦を取り巻く環境だと夫の馨さんは言う。「熟年離婚や定年後の夫婦の不和といった記事を目にするたび、切なくなってね。長年苦労をともに連れ添った夫婦なのに。そこで思いついたのが、2人でフォト・キャラバンを実行しようということです」。

気に入ったところで休憩できるのが車のよさ

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る