ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
ゲストハウスへようこそ!<その1>~地域、会社に代わるコミュニティをビジネスに~
2007/07/31

 最近、ゲストハウスという形態が人気を集めている。1カ月単位で利用でき、敷金・礼金不要、保証人も要らず、家具やネット環境は備え付け。スーツケース1つで入居できるスタイルの短期滞在用住居だ。

 このゲストハウスを事業として広め、いまやリーディングカンパニーとして成長しているのが「オークハウス」である。しかし、このビジネスは、社長である山中氏の挫折と偶然から生まれた。

ゲストハウス運営の事業を始めた山中さん
ゲストハウス運営の事業を始めた山中さん

意気揚々と独立し、ソフトハウスを経営

 株式会社オークハウスは、現在70棟のゲストハウスを運営し、年商7億3000万(平18年9月)を売り上げる成長企業である。同社の誕生は1998年。代表取締役である山中武志さん(55歳)が、一人で起業したのが始まりだ。今でこそ、マスコミにもたびたび登場し、投資の対象にまでなっているゲストハウスだが、その誕生の裏側には、山中さんの手痛い挫折経験があった。

 山中さんは京都大学を出て、日本IBMに入社。独自に工夫したプレゼンテーションの巧みさで、入社後研修時から注目の的だったという。中小型コンピュータ販売でトップセールスマンとして活躍してきたが、入社して7年が経つころに、外資系特有のさまざまな縛りがイヤになって、独立した。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る