ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
高齢化社会に向けた新しい試み<その1>~ゲーム機とリハビリが結びつくまで~
2007/02/06
ナムコかいか横浜の概観
ナムコかいか横浜の概観

 以前,このコーナーで,新スタイルのシニアサロンとして名古屋にオープンした「悠友知摘」を紹介した(その1その2)。「悠友知摘」は,アメリカの「マザー・カフェ・プラス」をモデルに,アクティブシニアに居場所と出会いの場を提供するというものだ。

 もうひとつ,シニア世代に居場所を提供するという目的でオープンした施設がある。それが,ナムコの「談話室かいかや」だ。団塊世代を中心としたシニア世代に,出会いと学びの場を提供することを目的としている。その原点となったのは,先にオープンしていた介護施設の「デイサービスかいかや」である。

もともとは要介護者のデイサービス施設

 「談話室かいかや」がある場所は,もともと要介護者のデイサービス施設「デイサービスかいかや」。土日はデイサービスが休みなので,同じ施設を利用して,もう少し若い世代に生き生きと過ごせる場,会員制のコミュニティサロンを提供しようとスタートした。

 しかし,団塊世代が実際に自由な時間を得て楽しみ出すのはこれから。まだ意図したような成果は上がっていない。とはいえ,要望が高まってから準備するのでは遅すぎる。ナムコがいち早く,この分野に進出したのは,介護予防の分野で大きな効果を挙げようとする明確な意図があるからだ。

 今回は,「談話室かいかや」の活動を語る前に,ナムコのゲーム機がリハビリと結びついたきっかけ,それがデイサービス施設に発展するまでを紹介する。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る