ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
新スタイルのシニアサロン「悠友知摘」<その2>~人と人,活動と活動が出会う場を提供~
2006/10/31

 商品の販売でもなく,旅行などのアクティビティ提供でもなく,そこに集まり,交流することを目的とした新しいシニアサービス「悠友知摘」が名古屋に誕生した。「家庭」と「仕事場」に次ぐ「第三の場所」を提供すると意気込んでいる。

 前回はその成り立ちと,実際に開催された活動の一部をご紹介した。今回は,どんな人が,どんな思いで,ここに集うのか,そして,どんな可能性があるのかを探ってみた。

リタイアまもない世代の拠り所

悠々知適看板

 「社内広告や電車の社内広告にオープンのお知らせが大きく出ていたんです。それで気になって,すぐに見学しに来たんですよ」と語るのは会員の鈴木將夫さん(60歳代)。会社を退職してからは,どんな風に第二の人生を充実させようかとアンテナを張っていたところに,「悠友知摘」の情報が飛び込んできた。

 鈴木さんは,リタイア後の人生には“仲間”との,何らかの“活動”が必要だと思っていた。「それらを見つける場として,ここは使えるかもしれない」。だから,見学の後,すぐに入会したという。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る