ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
早期退職で乗馬クラブ経営成功への道<その1> ~綿密な計画と家族の協力で夢を実現!~
2006/06/06

長谷川さん

 大手製紙メーカーの開発部長だった長谷川一誠さん(60歳)が,早期退職して起業したのは,なんと乗馬クラブ。資金が億単位かかるといわれる事業を,自己資金2000万円でスタートさせた。

 前途多難とも思えたが,5年目の2006年,新たな融資を受けて事業をさらに拡大しようとしている。その成功の秘訣を探ってみた。


コンピュータ技術者からの華麗なる転身

 千葉県市原市。ゴルフ場と自然に囲まれたエリアに「長谷川ライディングファーム」はある。春の一日,菜の花が咲き誇るのどかな馬場で,社長の長谷川一誠さんは待っていた。「ようこそ!」と迎える声は張りがあり,よく日に焼けた頬はきりっと締まっている。「ここをはじめてから,スリムになり,血圧も下がって,本当に健康になりました」と笑う。

 乗馬クラブ経営というのは,リタイア後に始める事業としては,資金的にも体力的にも少し荷が重いように考えるが,長谷川さんの笑顔を見ると,そんな疑念はすぐに払拭された。

 現在の乗馬クラブは所有馬12頭,3000坪の敷地に3つの馬場とクラブハウス,厩舎を持つ。全国乗馬倶楽部振興会認定のインストラクターが4名,乗馬クラブとしては中規模クラスだ。ほんの5年前まで,大手製紙メーカーのサラリーマンだった人が経営しているとは思えないほど,充実した設備とカリキュラムをもっている。

長谷川ライディングファーム

 「経営者はいまだに無休,無給なんですが,一応,毎年黒字で運営しています。元々が開発者なので,綿密な長期的な計画を立て,それをひとつひとつ実行し,積み重ねていくことは得意なんですよ」と長谷川さんはいう。

 そんな長谷川さんは大学時代には草創期のコンピュータ技術を学び,会社ではシステムエンジニアとして,開発畑を進んだ。そして,開発プロジェクトの統括者として部長職にあった54歳の時,長谷川さんは新たな人生への決断をする。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る