ここから本文です
本当にやりたい仕事って何
サラリーマンに軸足を残しながらの起業<その1> ~花卉栽培農家「グッドウッド・フラワー」を開業~
2006/04/04
渡辺良樹さん

 埼玉県児玉郡で花卉栽培農家を営む渡辺良樹さん(52歳)は45歳で早期退職し,独立を果たした。農業で独立するには,まず土地を探さなければいけない。渡辺さんは三つの条件を考えた。

 第一に,指導者が近くにいること。第二に,まとまった農地を確保できること。そして第三に,失敗した時に都心か地元に再就職できる場所であること。

 実は,この三番目の条件はセーフティネットとして有効に機能した。というのも,起業後まもなく収益の見通しが悪くなり,しばらくサラリーマンとして二足のわらじをはいていたからだ。サラリーマンから独立事業へと軸足を徐々に移して行くことが,結果的に起業に伴うリスクを軽減することになった。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る