お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。



定年後の働き方を考える<その12>~海外で働くという体験~

探しにくくなった海外シニア派遣

 人材派遣最大手のパソナは、毎年20~30人ほどの50歳以上の中高年を中国に拠点を置く日系企業に派遣している。2007年には「シニア海外仕事大学校」を設置し、盛んに受講者を募集していた。これは、中国語講座、現地文化・習慣を学ぶ基礎研修を、約65時間受講するもの。終了後は、中国を中心としたアジア地域への就労をパソナグループがバックアップするという。

 ただし、10万円以上の受講料が必要。そのせいもあってか、環境が変わったのか、08年になってからは、若年層が中心の「仕事大学校」に衣替えしてしまった。現在は、募集に年齢を表示できないようになったので、シニアだけの募集というのは難しいこともあるのかもしれない。

 とはいえ、情報はどこに隠れているかわからない。海外での仕事を希望するなら、シニア派遣に力を入れている会社などに注目して、こまめに情報をチェックしておく必要があるだろう。

 海外での仕事の内容は技術系が圧倒的に多いが、文科系でいえば、日本語教師として海外への赴任を希望する人は多い。ただし、民間での募集は少なく、給与などの条件も決してよくない。日本語教師は難しい分野だといえる。

 さて、この「定年後の働き方を考える」シリーズは、4月から半年間、12回にわたって、主に“再就職の可能性”について考えてきた。定年後もどこかの企業に採用されて、できればサラリーマンを継続したいという場合だ。

 しかし、定年後の働き方は、現役時代よりも多彩で自由。得意分野ややりたいことで起業するという選択もあるし、その中間として、個人事業主として企業と契約して働く、派遣で働くという方法もある。次回からは、そうした“人に雇われずに働く”方法を探っていくことにしよう。


(松本すみ子=アリア/シニアライフアドバイザー)
筆者プロフィール

松本すみ子(まつもと・すみこ)
早稲田大学第一文学部東洋史学科卒業。
IT業界で20数年、広報、販促、マーケティングを担当。
2000年、団塊/シニア世代の動向研究とライフスタイルの提案、コンサルティング、執筆などを主要な事業とする有限会社アリアを設立。2002年9月、シニア世代の仲間づくり・活躍の場づくりの会「おとなのオピニオンコミュニティRyoma21」を主宰。2007年、NPO法人シニアわーくすRyoma21となる。日経BP社の情報サイトnikkeiBPnetにて「団塊消費動向研究所」を連載中。著書に、「そうだったのか!団塊マーケット」、「心理系の仕事を見つける本」などがある。
前のページへ 1ページへ 2ページへ 3ページへ 4ページ
この記事のバックナンバーを読む
お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。



お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。