ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
定年後の働き方を考える<その7>~早く退職準備を始めた人は就労率が高い~
2008/07/22

 前にも書いたが、厚生労働省が2007年10月に発表した調査では、「改正高齢者雇用安定法」の効果もあり、なんらかの再雇用制度を設けた企業は9割を超えている。また、近頃は、60歳以降の求人数も少なくないという。実際、むしろ求人はあるのに、応募がなくて困っているという話も聞いた。

 一方で、60歳過ぎてからの再就職は難しいという声がある。この差はどこから生まれるのだろう。求職者が自らイメージする定年後の働く姿と、求人側の環境や処遇には、ずれやギャップがあるからではないだろうか。今回は、定年後も働きたい人の意識と再雇用の現実について考えてみたい。

求人はあるのに人がこない

 先日、ある自治体で団塊世代向けセミナーの講師をした。参加者が実際に活動につなげられるようにと、セミナー終了後は、ボランティアや生涯学習などといったテーマに沿ったブースを設けていた。いい機会なので、仕事情報ブースの担当者に話を聞いてみることにした。

 会場となった施設には「はつらつワーク」という看板を掲げ、おおむね55歳以上の人の職業紹介事業や就職活動相談を受ける常設コーナーもある。壁には求人情報が50~60件ほど張り出してあった。小さな市だが、近隣の市や町からのものも含め、思ったより多くの求人があるなあという印象だ。担当者の求人情報収集の努力がうかがえる。ちなみに、担当者も同じリタイア世代である。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る