ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
退職金の使い道を考える<その2>~足りない資金を補う方法~
2007/11/27

 前回は、資産と収入をチェックし、そこから今後に予想できる支出を差し引いて、過不足を判断するという基本的な生活資金算出方法を確認した。計算上、赤字になってしまった、つまりこのままでは生活資金が底をつくという結果になった人もいることだろう。それでは不安が増すばかり。

 しかし、現実には、貯金と退職金を合わせて3,000~3,500万円(平均的なサラリーマンの定年後に持つ金額)あれば、後はやりくり次第で、やっていけるのではないかとも言われている。心配ばかりしていても仕方がない。わがよき人生の最終章を心やすらかに過ごすためには、どんな方法があるのだろうか。それを考えてみよう。

出るを減らし、入るを増やす

 定年後の資金計画では、余裕があろうとなかろうと、「出て行くお金をいかに減らし、入ってくるお金をいかに増やすか」を心がけるに尽きる。まずは、出て行くお金をチェックしてみることが肝心だ。わが家はいったい毎月いくら使っているのだろうか。妻が家計簿をつけている家庭は判断が早いが、案外、きちんとつかんでいる家は少ない。

 ひとつの方法として、定年までまだ間があるなら、半年くらいは家計簿のようなものをつけてみてはどうだろう。「そんな主婦のようなちまちましたことは好きではない」などと言っている場合ではないのだが、そう思うなら、奥さんに手伝ってもらってでもやるべきだ。

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページ 4ページ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る