ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
座談会 団塊世代の妻たちの本音<その2>~離婚の危機は定年時だけではない~
2006/12/26

 前回は主に,定年後の夫との生活で不安に思うことを話してもらった。不満はあっても今の形に落ち着いている夫婦,お互いに干渉せずに自分のライフスタイルを維持する夫婦,若い頃と変わらない仲のよさを保つ夫婦,まさに離婚協議中の夫婦,お互いに離婚を経験し再婚に踏み切った夫婦。意図して集めたわけではないが,5つの特徴的な夫婦の姿が見られた。

 座談会の中盤は2007年に始まる年金分割制度もあって,離婚の話で盛り上がった。とはいえ,最後はやはり,定年後の夫婦の生活,夫婦のあり方へとつながっていく。妻たちは現実を見据えながら,自らのより良いセカンドステージを探っている。

「私の決意は固い」

I子:皆さんは,夫にもっと気遣いをしてほしいと言いますが,私の夫は細かいことによく気がつく,まめな人。いわゆる,もてるタイプです。今は,私が離婚を決意しているので,座るとすっとコーヒーを出したり,ちょっとビクビクしているのがわかります。
 夫は浮気発覚まで,毎年クリスマスを彼女と過ごしていたんです。それを今は私と過ごす。お茶も出してくれる。でも,今まではできるのに,やってくれなかったんだと,いろいろなことがフラッシュバックして,一緒にいるのもイヤです。クリスマスのたびに思い出してしまう・・・。

M子: それはつらいですね。過去が断ち切れないから,将来が見えませんね。

I子: 3年前に別れようと,弁護士も頼んだのです。子供もお母さんの好きなようにしていいと言ってくれました。でも,夫は離婚しないと言うし,離婚後に取れる慰謝料などの試算をしたら,ローンもあるし,子供はまだ学生で,自分の稼ぎでは育てられないと判断しました。子供が独立するまで我慢しようと。

K子: でも,いやな人と暮らすのはもっと苦痛でしょう。

I子: 自分の心を閉ざして一緒に暮らしていますから,ストレスが溜って顔面麻痺になってしまいました。夫は私の怒りが収ったと思っているようですが,私の決意は固いのです。











1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る