ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
定年前に保険を見直す<その2> ~入りやすいより,保障内容を重視~
2006/11/28

 前回は,団塊世代の清水敏さん(仮名,58歳)の加入例を基に,「家計の見直し相談センター」で専門家の意見を聞き,定年前の保険の見直しチェックポイントを探ってみた。医療保障を重視したいという清水さん。早めに有利な医療保険に切り替えた方がいいのではないかというアドバイスをもらい,保険の比較方法なども教えてもらった。

 さて,清水さんがもうひとつ気になるのは,最近よくきく「シニア保険」。「どなたでも入れます」,「持病があっても大丈夫」などの宣伝文句にはひかれるが,本当に“朗報”なのだろうか。前回に続き,山田FP(ファイナンシャル・プランナー)のアドバイスを交えながら,解説する。

「無選択型医療保険」の制約

 「シニア保険」には,終身保険,医療保険,傷害保険がある。「無選択型」とは,健康状態に問題があっても,持病があっても,告知や医者の診断なしで入れる保険。盛んにテレビなどで「誰でも入れます」と宣伝されているものだ。それまで入れなかった人たちに安心を提供するという点からいえば,意味のある保険である。ただし,保険会社は大きなリスクを背負うことになるので,いろいろな制約が設けてある。

 表4は,1日5000円制約の入院給付金をもらえる「無選択型医療保険」の例。制約で最も問題なのは,既往症の場合は契約日から2年以内の病気は保障されないことだ。加えて,新しい病気での入院や手術も契約から90日以内は保障されない。また,支払い限度日数も,通常は1入院について120日程度だが,45日あるいは60日と不利だ。保険料は60歳男性で1万円前後。清水さんが今,加入している県民共済であれば月額4000円で済むので,保険料は2倍以上と割高になる。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る