ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
セカンドライフの住まいをどうする?<その2> ~現在の住まいで,快適生活を実現する方法~
2006/09/26

 前回は,「田舎暮らしならJターンのすすめ」や「同じ志を持った仲間が共同で造るシニアマンション」などを紹介した。いずれも,現在の自宅を手放し,住処を別のところに求める場合である。

 紹介し忘れたが,10月13,14日に大手町周辺で「ふるさと回帰フェア」が,11月には池袋で「北海道暮らし・フェア」が開催される。住み替え派には価値ありだ。

76%が定年後も引っ越さない

 ところで,故郷や田舎暮らしに戻りたいと思っている人はどのくらいいるのだろう。「定年などで仕事を引退した後,引越しをする予定があるかどうか」を,50歳~69歳の男女に聞いたところ,76%が「引っ越す予定はない」と答えたという調査がある(2006年8月,日経新聞朝刊掲載)。

 団塊世代は進学や就職で都会に出てきた人が多いので,定年後は故郷に戻ろうとする傾向が強いのではないかと思われがちだが,実態はどうだろうか。親が生きているうちは帰省もしていたが,代が変わった時点で故郷とは疎遠になることがある。長年住み慣れ,家族を育んできた今の家と土地を今さら離れたくないという気持を持つこともあるだろう。しかも,首都圏以外の地域に住んでいる人だって,たくさんいる。

 ということで,今回は,今の住まいを中心にして,定年後を快適に過ごす方法を考えてみたい。要は,自分にとって居心地のいい場所をどう作れるかということに尽きるのではないだろうか。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る