ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
今から始めるスポーツ<その2> ~楽しみながら健康づくり,社会貢献~
2006/06/27

 前回は,「運動,運動」と気負うことなく,体を動かすきっかけになるようなスポーツを中心に紹介した。スポーツには体力づくりだけでなく,さまざまな効果がある。適度に汗をかくことで,気持ちがリフレッシュし,毎日の単調な生活にも張りができる。

 さらに,今までとは異なる世界の仲間ができ,地域デビューもスムーズになる。中にはボランティアとしての活躍する人や,好きが高じて起業してしまった人もいる。今回は,スポーツを通じて,自分なりの方法で新しい世界を造り上げた先輩たちに話を聞いてみた。

体力をつけたくて,50歳からテニス

 根立徹三さん(64歳)がテニスを始めたのは,ちょうど50歳の時。証券会社で働いていたため,“7‐11(セブン・イレブン)”の勤務時間は当たり前。毎日が午前様で,運動とは程遠い生活だった。そんなある日,会社の健康診断でひっかかる。しかも,根立さんには喘息の持病があった。

 根立さんは,喘息は“一生もの”なので,仕方がないと考えていた。スピードスケートの清水宏保さんが喘息持ちであることはよく知られている。インタビューで「喘息と付き合っている」と語っているように,喘息は完治が難しい病気。薬が欠かせない。根立さんは,さらに健康の不安も抱えてしまった。「このまま歳をとったら,どうなるのか。体力をつけて,体質を変えなければ」と,切実に思った。「それには,運動が必要だ!」

 今まで運動といえば,仕事上の付き合いのゴルフだけ。何をしたらいいのだろう。前からテニスを楽しんでいた奥さんが提案した。「夫婦で一緒に楽しめたらいいわね」。幸い,テニススクールが自宅のそばにあった。こうして,週に2回,根立さんのテニススクール通いが始まった。

 「ところが,今まで運動らしいものをしてないし,まして,テニスなんかやったことがない。だから,まったく上達しないんです。最初の半年くらいは,ただ叱咤激励されるために通っていたようなものでした」。しかし,根立さんはあきらめなかった。2年間,ひたすらスクールに通った。その間,奥さんが会員になっているテニスサークルにも参加した。「でも,うまい人ばかりで,なかなか相手をしてくれないんですよ。下手なのとやっても,面白くないんですね」。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る