ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
定年前に読む本<その2> ~まだまだ続く人生をどう生きるか~
2006/04/25

 前回は,今後仕事を離れた時に,もっとも大切な家族・人とのふれあいを意識する本,自分自身を見つめるために感性を刺激する本を紹介した。しかし,それよりもまず,定年後の自分の生き方が見えない,それを考えたいという人も多いことだろう。

大事なのは自分で考えることへの刺激になる本

 今,書店には団塊世代の現状と将来,定年後の生き方を示唆する本がたくさん並んでいる。新宿の紀伊国屋書店に行ったら,写真のような団塊世代コーナーまで作ってあった。また,このコラムを書くにあたって,筆者の本棚をあらためて見直してみたところ,仕事柄当然なのだが,30冊以上の関連本がみつかった。

 いろいろ読み直してみたけれど,団塊分析論やマーケット本にはさほど内容の違いはないということが分かった。正直に言ってしまうが,概論のようなものやノウハウ本はもうたくさんという気がする。この分野は1,2冊読めばこと足りるだろう。大事なのは,やはり自分で考えることへの刺激になる本である。


 私が面白いと思ったのは,今あるいは将来,この世代が置かれる現状や問題点がリアルに語られる類のものだ。これからはフィクションであれ,ノンフィクションであれ,団塊本にも,現実感と説得力のある読み物が求められると思う。出版社はもっと,そのあたりの企画を考える必要があるのではないだろうか。今回は,そういうインパクトのある本を選んでみた。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る