ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
自分の住む地域にもどる<その2> ~田舎に帰ってこないか?~
2006/01/24

 前回は,寝に帰るだけだったお父さんたちが,いよいよ「フルタイム市民」として地域にソフトランディングするコツや,地域のリタイア世代への期待度と活用度を探ってみた。この場合は,いま自分が今住んでいる地域だった。一方で,定年後は故郷へ帰るUターン族,田舎暮らしを求めて地方に移り住むIターン族もいる。

 今,団塊世代を迎えて地域の活性化を図ろうと,さまざまな条件を提示して勧誘に余念のないのが地方自治体だ。手厚い支援を利用して,いっそのこと田舎で第2の人生をスタートさせるという選択肢もある。

Uターン支援対策が目白押し

 団塊世代に関する情報を集めていて,2005年後半からやたらと多くなってきたと感じたのが,地方移住を促す自治体の取り組みである。最近は,ほぼ毎日,関連ニュースが流れてくる。

 つい最近届いた情報は,島根県が行う団塊世代の定着促進策。2006年から関連事業費を予算化し,定年を迎える団塊世代をターゲットに,Uターンなどを促す総合対策事業に取り組むという。内容は,職業紹介,住宅相談,農業研修の3本柱。県の出身者に行ったアンケートの結果を踏まえ,故郷で能力を発揮できる仕組みづくりも検討したいと意気込む。

 このような取り組みは,島根県に限らない。手元にある資料には,北海道,青森県,岩手県,新潟県,鳥取県,岐阜県などの名前が見える。首都圏では神奈川県というのもある。おそらく,この種の対策に取り組まない県はないのではないだろうか。

 しかし,いくら自然を満喫できる生活に憧れているといっても,都会暮らしに慣れた人間が,突然田舎暮らしでは不安ばかりだ。そんな時には「ふるさと回帰支援センター」が役に立つ。全国各地の田舎暮らしに関する情報提供だけでなく,関心ある人が出会える交流会の開催や「100万人のふるさと」という情報誌も発行し,受け入れ自治体のためにコーディネーターも養成している。

 また,「田舎体験と田舎ステイ」という手もある。まず田舎に親しんでもらおうと,そば打ちや味噌づくりなどをしたり,わらじを編んだり,ブナ林散策,農作業体験,ホタル鑑賞,地元の人との交流などを行う「田舎体験プログラム」を各地で行っている。観光とはひと味違ったふれあいができるのが魅力だ。


1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る