ここから本文です
団塊世代のための定年準備講座
損しない年金のもらい方<その1> 意外に多いもらい忘れに注意
2005/11/15

山口拓郎さん

 前回前々回の年金ルポで紹介した団塊サラリーマンの事例でも分かるように,年金の仕組みは複雑だ。そのためもあって,厚生年金のもらい忘れは少なくないという。なにはともあれ,年金の申請は自分でしなければならない。その時,知識不足で損をすることのないように,年金に関する注意点や留意点をチェックしてみよう。

 今回は,多くのセカンドライフ・セミナーで年金アドバイザーとして講師を務める山口拓郎さん(75歳)に,アドバイスしてもらった。山口さんは65歳でリタイア後,余暇生活開発士,シニアライフアドバイザー,年金アドバイザーの資格を取り,仲間と年金・相続・遺言などの研究を行っている。

 「濡れ落ち葉になりたくないと余暇開発に努めた結果,多忙になり,今は余暇欠乏症に陥っています」。山口さん自身,充実した人生二毛作の実践者でもある。

「職の自分史」で人生の節目を確認する

Q:年金は自分で申請しないともらえないと聞きました。税金などの諸手続きを,今までほとんど会社にやってもらっていたサラリーマンは不安かもしれませんね。

 年金は,受給資格があっても「請求」しなければもらえません。このことはしっかり頭に刻み込んでおきましょう。厚生年金加入者は「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」というものに必要書類をつけて提出します。手続きの窓口は,厚生年金の場合は勤務先の所属する社会保険事務所,国民年金のみの場合は住んでいる市町村役場,共済年金の場合は加入していた共済組合になります。

 最近,社会保険庁は老齢給付金を受け取る年齢になる直前に,年金の請求書類を送付するサービスを始めると報じています。しかし,まだ不透明な面が残されていますし,完璧ということはありません。人頼みにしないで,自分の人生には自分で注意を払うという自助努力が必要です。

Q:不備はすべて自分自身に跳ね返ってくるということですね。

 そうです。そうならないためにも,事前に「職の自分史」(図1)のようなものを作成しておくことをおすすめします。就職,転職,退職などの人生の節目を表にしてみてください。できれば現役時代から,きちんとチェックしておくことです。

図1 職の自分史
職の自分史

 これでチェックしておけば,妻の年金種別の変更忘れも防ぐことができます。夫の退職と同時に,妻は国民年金の第三号被保険者ではなくなるので,妻が60歳未満の場合は,第一号被保険者への変更が必要です。妻は,60歳まで国民年金の保険料を支払う必要があります。

1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る