ここから本文です
充実生活見つけた
多摩丘陵・里山を歩く<その2>~畑・山林・古跡・住居の見事なバランスが里山~
2009/06/15

 昔からある森や田園など、ありのままの風景を楽しみながら歩く「フットパス」。前回は、里山保全に取り組む東京農業大学の麻生恵教授から、日本フットパス協会の設立や多摩丘陵フットパスの整備などの動きについて伺った。また、実際に農大オープンカレッジの「多摩丘陵・里山風景ウォッチング」に参加し、人々の暮らしが息づく六地蔵やこうせん塚、山桜の名所、今も耕作されている棚田などを散策した。

 前回紹介した散策はまだ全行程の1/3にも満たない。今回は、七国山や鎌倉街道といった風光明媚な場所を含むルートに入る。さらに、里山の現状と保全活動についても聞いてみた。

住宅地に咲く金蘭・銀蘭・二輪草

 前回の散策の続きから始める。これが東京!とは思えない棚田を後にして、少し歩くと、もう住宅地だ。建物の屋根が見えてきて、その手前では畑仕事の真っ最中。何を植えているのかと聞いたら、かぼちゃとのことだった。自家用だろうか、それとも、近隣のスーパーに出されるのか。

 ほどなく車が走る大きな通り出て、住宅街に入る。比較的新しい立派な家が建ち並んでいる。よそ様の家の前や脇を通り抜ける道なので、「お騒がせします」と恐縮気分。しかし、ここが単に、次の里山に入るための通路だと思ったら、大間違い。実は、野草の宝庫だった。

こちらが銀蘭 これが金蘭

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る