ここから本文です
充実生活見つけた
提案! 夫婦や三世代で楽しむ旅<その2>~大自然の感動を共有する旅で家族の絆を~
2009/02/09
珊瑚礁でできたグリーン島はグレートバリアリーフの入口

 記念になる海外旅行がしたいと考えたとき、夫婦であればヨーロッパを選ぶ人が圧倒的に多い。ただ、ヨーロッパ周遊は移動時間の長さ、めぐる都市の多さから疲れがち。そこで、おすすめするのが自然を満喫するリゾートでのくつろぎの旅だ。なかでも、日本では体験できないスケール感を味わえる場所といえば、真っ先に、グレートバリアリーフを上げたい。夫婦で、三世代で、貴重な自然に包まれて感動を共有するというのはどうだろう。

格安航空会社就航で家族旅行が身近に

 家族で海外旅行というと、気になるのはやはり旅費だ。3世代での旅ともなれば、旅行費の大部分をシニア世代が負担するケースも多い。そのため、どうしても近場のアジア近隣国を選びがち。だが、かつてに比べて、オーストラリアへの旅費は格段に安くなった。2008年12月にジェットスター航空が成田空港に就航したからである。いわゆる格安航空会社なのでサービスには期待できないものの、成田-ケアンズが最安値で往復5万円を切る(ただし、サーチャージは別途必要)というから大人数での家族旅行にはもってこいだ。

 ただし、機内食、飲料、毛布類など大半の機内サービスは有料。弁当などを持ち込むこともできる。セカンドステージ世代にとってはいささか寂しい感じもするが、若い世代には問題ないだろう。むしろ、家族で話し合うネタになるかもしれない。格安航空会社というと、心配なのは安全面だ。その点でジェットスター航空はカンタス航空の子会社なので、それなりに安心感もある。

 大きな島での滞在だと、レンタカーを借りたり、バスを使って移動する必要がある。しかし、前回紹介したハミルトン島では、徒歩での移動が十分可能。バギーを利用する以外はお金がほとんどかからない。団体旅行にありがちな無駄がないうえ、ずっと効率的で、安全でもある。

プールや遊歩道には家族連れの姿も多い

1ページ 2ページへ 3ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る