ここから本文です
充実生活見つけた
ワイン好きが嵩じてワインサロンを主宰<その2>〜いつかは本場フランスでワインの会を〜
2008/10/27

 ワインを片手に語り合い楽しいひと時を過ごせる“大人の憩いの場”・会員制ワイン会「Salon de vin(サロン・ド・ヴァン)」。前回は、その会を主宰する金子三郎さん(64歳)が、57歳でサラリーマン生活に終止符を打ち、フランス・ボルドーに留学するまでを紹介した。今回は、渡仏した金子さんの留学生活、ワインが開いた金子さんの新たなセカンドステージを紹介しよう。

ワインのプロと一緒に学ぶ日々
留学は楽しかったと語る金子三郎さん

 憧れの地、フランスのボルドー第2大学醸造学部でワインを学ぶことになった金子さん。 ところが、思いのほか高度な授業に驚いたという。金子さんが門戸をたたいたのは、ワインや醸造のプロがブラッシュアップのために通う社会人コースだったのだ。「分厚い辞書を買い込み、毎日の予習復習は欠かせませんでした」。

 歴史はボルドー第3大学の専門家の教授が担当、醸造の知識は有名なシャトーの専門家から学ぶ。深い知識、そして、化学的なアプローチなど、ありとあらゆる方面から、ワインだけではなく、ワインのバックグラウンドの“文化”すべてを教えるというシステムだった。

 予習復習に追われる毎日であっても、自分の好きなワインを憧れのボルドーで学べる日々が苦になるはずもない。「ボルドーの有名な教授や専門家が続々と講義してくれました」。金子さんは一心不乱に勉学に励み、休日も勉強にあけくれた。

大学のクラスの仲間たちと

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る