ここから本文です
充実生活見つけた
男のための韓国健康食紀行<その1>~メタボ撃退!伝統の韓国食を食べに行く~
2008/01/21

 冬の凍える日々、温まっておいしくて体にいい韓国料理などいかがだろう。飛行機で2時間、1泊2日でも行けるソウルで、本当の韓国の味にひたってみた。家族でも、仲間とでも楽しめて、おいしい韓国。肉たっぷりでもメタボなんて言わせない、その魅力をお届けしよう。

日本よりも進んだ肉食文化
にんにくがたくさん並んだ韓国のスーパー

 少し前に、一大旋風を巻き起こした韓国歴史ドラマ「大長今 チャングムの誓い(注:日本放送時のタイトルは「宮廷女官 チャングムの誓い」)」。若い宮廷女官の波瀾万丈の人生を描いたドラマだったが、ここに登場する宮廷料理に注目が集まった。韓国料理というと、なんでも唐辛子で味付けして真っ赤なものと思いがちだが、食材、味ともに非常に幅広い。

 特に日本と違い、仏教よりも儒教を尊んだため、仏教による獣肉を嫌うという文化がなく、肉食文化が進んだ。牛、豚、鳥(一口に鳥といっても、種類が多い)を使った伝統料理が多いのも特徴だろう。また、中国料理のように油を多用することがなく、さっぱりとしているのも、日本人、特にメタボ世代には嬉しいところだ。

 注目の集まる韓国料理。日本でも韓国料理店が増えてはいるが、ここはやはり、本場の味を味わってみたい。ソウルというと、仕事で出張、もしくは韓流ファンの中高年女性が出かける場所と思いがちだが、ここは「韓国食文化紀行」と洒落てみて、隣の国の食文化を覗いてみるのも一興。ソウルまでは約2時間、週末一泊旅行も可能だ。

魚介類も豊富で新鮮

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページへ 6ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る