ここから本文です
充実生活見つけた
ギネス記録を持つ世界一周ドライブ男の生き方<その2>~リタイア後は“地球ドライブ”に再チャレンジ!~
2007/12/24

 30年前、単独で世界一周ドライブを達成した大内三郎さん(65歳)。この旅では、旅の楽しみやノウハウ、その土地での見聞や人との出会いといった感動だけでなく、自分自身の人生の指針までも手に入れた。リタイアを迎えた今、大内さんはまた新たな“地球ドライブ”の旅にチャレンジしようとしている。

旅で学べないことはない
大内さんと愛車

 前回紹介したように、大内さんの旅は27歳から36歳までの9年にわたった。企業社会にいれば、がむしゃらに働く年代だ。経験を積み、人間関係を構築していく貴重な時期でもある。その時間を投げ打って得たものは、どんなものだったのだろうか。大内さんは著書や自己のサイトの中で、こう述べている。

 「人は、人をまず外見で第一印象を決めるから、好感をもたれるようにした方がよい」。

 「道を聞くときは、まず地元の言葉を覚える。とにかく、しつこいほど聞きまくる。できれば3人以上から聞く。1人では間違った情報や、ときにはウソもある」。

 「人との接し方のキーワードは礼儀正しく、挨拶、清潔、誠実、明るく、笑顔、謙虚、質素、前向き、思いやり、ユーモア、知的、見下げない」。

 外国人は、とりあえず旅人の風貌・言動・国籍・出身地、および車の内外観を見て評価するというが、日本人も同じだろう。大内さんは社会人が企業で学んでいくことを、グローバルな世界で身につけていったのだ。


1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る