ここから本文です
充実生活見つけた
遅咲きライダー、大型バイクで突っ走る!<その1>~リタイア後に仲間と楽しむバイクツーリング~
2007/11/05

 シニア世代のバイク熱が高まっている。特に、仲間と共に風を切って走るツーリングが人気だ。バイクというと若者のモータースポーツという印象が強いが、実は、バイクユーザーの3割が50代以上。バイクの魅力とシニアがはまるツーリングに注目してみた。

おやじ世代にバイク好きが増えている
2泊3日のツーリングでは温泉も楽しみ

 戦後から70年代の高度成長期にかけて、昭和の町並みを席巻したオートバイ。四輪自動車の普及によって、近年、生産台数は停滞気味だ。とはいえ、自由な時間を謳歌しているシニア世代の間ではバイク人気が上昇している。シニアライダーと呼ばれる大型バイク愛好家が増えているのだ。

 日本自動車工業会の調べによると、ユーザーのうち50歳以上が占める割合は29%(2001年)、平均年齢は42.7歳(2005年)で、バイクが20代若者の乗り物だという認識は大きく見直されつつある。また利用状況でも、バイクを通勤や仕事で利用するという人よりも、趣味で楽しむために乗る層が増えてきた。この層こそがシニアライダーだ。

 シニア層にオートバイが人気になっている理由はいくつかある。経済的余裕と仕事以外の趣味に時間を割けるゆとりが生まれてきたこと、大型二輪免許が取得しやすくなったことも大きい。また税金や車検費用が四輪自動車に比べて安く、費用も出しやすいということもある。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る