お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


男の一人旅事始め<その5>~シニア特急! アジアバックパッカーの旅(1)~

現役時代のやり残し感を埋める一人旅
これが森さんの旅のスタイル

 定年を前にした森さんは、自身を振り返ってみた。「年齢は重ねたものの、人間はまだまだできていないような気がする。もやもやとしたやり残し感もある。旅に出れば、自分を変えられるんじゃないか。発想の転換や進化もあるのではないか」。

 そんな森さんが目指した旅は、パック旅行や現地ツアーなどではなく、一人で旅することだった。「定年という節目に、自分は何だったのかと考えるには、一人旅がいちばんいいと思ったんです。孤独で不安もあるけれど、思いがけない出会いがあるのではないか。見知らぬ土地や人との交流が、自分の体のどこかを目覚めさせてくれると思いました」。森さんは旅に出る前の心境をこう回想する。

 定年となれば、お金はないけれど時間はある。これは若者と同じだ。健康でさえあれば、旅は何歳でもできるはず。現役時代は、会社を早く離れて自由になりたいと思っていた。だが、いざ退職してみると、企業、組織に属していた時のような相談相手がいない。仕事を離れて知った喪失感を埋める必要もある。

 「社会的な疎外感を感じることになりました。それと、肩書きと所属する組織を失って、自分ひとりで決めなければならないことの多さに気づきました。旅はすべて自分で物事を決めて前に進んでいかなければならない。私にとって、旅は自立への第一歩でもあったのです」。森さんは定年後の生き方の方向を探るものとして、一人旅を選んだ。

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。



お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。