ここから本文です
充実生活見つけた
男の一人旅事始め<その5>~シニア特急! アジアバックパッカーの旅(1)~
2007/07/30
メコンの夕日に見入る

 沢木耕太郎の『深夜特急』。団塊世代の著者が20代で経験した未知なる旅。それを記録した伝説のルポルタージュに、心踊らせた人も多いのではないだろうか。とはいえ団塊世代にとっては、自由な旅など夢のまた夢とあきらめがち。

 そんな中、定年を期に、たった一人で350日に及ぶバックパッカーの旅に出た男性がいる。「深夜特急」ならぬ「シニア特急」の旅だと笑う先輩に、その魅力を聞いてみた。

元新聞記者の旅へのあこがれ
「深夜特急」ならぬ「シニア特急」の旅に出た森さん

 森哲志(63歳)さんは、元新聞社社会部記者。浅黒く日焼けして締まった頬に長い髪を後ろで結び、いかにもフリーのジャーナリストというスタイルだ。とはいえ、数年前までは髪を七三に分け、スーツで武装したビジネスマンだった。若くしては日航機墜落、豊田商事事件、リクルート事件など、時代を震撼させた数々の事件を取材し、その後は管理職としてストレス社会に身を置いてきた。

 「国内はすべて仕事でめぐったものの、旅とはいえません。逆に、社会的責任があるからストレスが多かった。また、家族旅行も妻のお供といった感じで、自分のための旅というのはしたことがありませんでした」と、森さんは現役時代を振り返る。しかし、事件や取材に追われる中で、旅へのあこがれは強かった。かの『深夜特急』を枕元に置いて、夜中にボロボロになるまで読んだのだという。

 「学生時代に大きな旅ができなかったこともありますし、マスメディアが伝える世界情勢を、この目でじかに確かめたかったという理由もあります。いつか沢木耕太郎のように、アジアを横断する一人旅に出たいと思っていたんです」。森さんのまなざしは熱い。

 バックパッカーの旅というと、危険や不安がつきもので、若さから来る勢いがないと乗り切れないと考えがち。だが、時間の制約を受けず、無理をせず、目的に向かって自由に行動できる環境は、リタイア世代にこそふさわしい旅のスタイルともいえる。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る