ここから本文です
男の一人旅事始め<その3>〜同志に出会えるマニアが集う宿〜

宿坊に泊まろうと思ったら,このサイト!

 宿坊に泊まろうと思ったら,まずチェックしたいサイトは「宿坊研究会」。宿坊宿泊歴50カ所以上という宿坊研究家のほーりーさんが運営している。宿坊初心者にとって,寺に泊まるという行為は少し敷居が高い気もするので,そのあたりを聞いてみた。

写経

Q: 未経験者が宿泊の際,注意すべきことは?

A: お寺や神社だからと,特に身構える必要はありません。騒いだり,他人に迷惑をかけないなど,最低限のマナーを守ればよし。朝のお勤めなど,お寺や神社の行事は積極的に参加した方が,宿坊に泊まった感じが味わえ,より楽しむことができます。

Q: 一人旅の場合,部屋は相部屋?

A: 相部屋の宿坊もありますが,部屋はだいたい個室です。

Q: 座禅,お勤めを初めて体験する人へのアドバイスを/p>

A: あまり緊張せず,リラックスして参加すればよい。宿坊の方に言われたことがあれば,それを守れば特に問題はありません。座禅は,最初は,なかなか上手く座ることはできませんが,大抵の人はそうなので,気にせずに楽しんでください。

 ということで,あまり緊張せず,ルールを守れば,寺という厳かな場所に泊まるという貴重な体験ができるようだ。宿坊での宿泊は修行ではないので,飲酒も可能なのは,旅人には嬉しいところ。そして宗教が意外と身近にあることに気付かされるだろう。ちなみに,下記は筆者が泊まったことのある,おすすめの宿坊。

  • 覚林坊」 日本庭園と湯葉料理が名物の山梨県久遠寺にある
  • 大善寺」 山梨ぶどうの発祥地で自家製ワインもある山梨県甲州市勝沼町にある

前のページへ 1ページ 2ページ 3ページ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る