ここから本文です
充実生活見つけた
ローカロリー・グルメを楽しむ<その1>~驚きの360kcalフレンチフルコース~
2006/11/06

 ローカロリー食が話題を集めている。ローカロリーといっても,量が少なかったり,特別な素材を使うわけではない。むしろ,選ばれた良質な素材,シェフの豊かな経験とアイデアを駆使し,技をすべて出し切らないとできないものばかり。まさに奥深深い“食の物語”といえるものだ。

 誰も食の楽しみを奪われたくはない。メタボリック症候群が叫ばれる今,だからこそ“我慢しない食”の世界が始まろうとしている。

 今回取り上げるのは,ローカロリー・フレンチ。フルコースでわずか360キロカロリー,塩分2.2グラムのフレンチがあることをご存じだろうか。360キロカロリーとはわずかに,ざるそば一枚分。このローカロリー食から,我々の健康の基本である食事の大切さと愉しみ方を,見直してみてみることにしょう。

成人病だって旨い料理が食べたい

 東京高輪のホテルパシフィック東京に,「360キロカロリーのフレンチフルコース」がある。地上30階の眺望がすばらしいフレンチレストラン「ブフドール」で提供される,「知食」と呼ばれるフルコースがそれだ。

 前菜にはじまり,スープ,魚料理,肉料理,そしてデザートまで。本格フルコースにもかかわらず,総カロリーが360キロカロリー,塩分2.2グラムしかない。ざるそば1枚分のカロリーで本当にフルコースが可能なのだろうか。早速,この「知食」なるものを味わってみた。

 そもそも「知食」とはどのようなものなのか。知食の定義は前述のカロリーと塩分に加え,厳選された旬の食材を使うこと,美しくゴージャス感があること,そして,おいしく満腹感があることというのが必須条件だそうだ。この定義は重度の糖尿病患者である発起人を中心とした研究会「知食の会」によって定められた。

 糖尿病のため食事管理以外では生きられないという人々と,制限された食事ではあっても,楽しくおいしく食べてもらいたいという料理人たちが手を取り合って,「知食」という概念を作り出したのだった。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る