ここから本文です
充実生活見つけた
“絵と自転車”と出会い 仕事人間がたった4年で劇的変化<その1>
2005/10/03

佐藤健人さん 大手建設会社営業部勤務の佐藤健人さん(53歳)は毎週末,愛車のロードバイク(道路競技用の軽量自転車)で自然の中をひた走る。ヒップバックの中にはスケッチブックと水彩絵の具。気になる風景に出くわすと,しばしのスケッチタイムに突入だ。

 その様子から,かつての無趣味で出不精だった姿を想像するのは難しい。佐藤さんはいかにして趣味に目覚めたのだろうか。




趣味は〝家でじっとしていること〟

 2001年9月,上高地。まだ暗いうちに山小屋を出発した一行は,河童橋に着くと思い思いの場所に腰を下ろし,絵を描き始めた。彼らは,スケッチ教室を主宰する画家の岩本芳雄さんと生徒たち。その中に,4月から絵を習い始めたばかりの佐藤さんの姿があった。

 澄み切った川と空気と穂高山――。スケッチブックに筆を走らせながら,佐藤さんは,「早起きをしてこんな自然の中で絵を描いている自分が信じられない…。半年前にはまったく想像できなかったな」と,同行の奥さんにしみじみ語りかけた。

 何しろ,その少し前まで佐藤さんの辞書には“趣味を楽しむ”という言葉は存在しなかったのである。「仕事以外の,やらなくてもいい面倒なことは一切やらない主義。趣味は?と聞かれれば〝家でじっとしていること〟と胸を張って答えていたくらいですから」。

 そんな様子に危機を感じたのは,当の本人よりも奥さんのほうだった。「このまま放っておいて,〝ぬれ落ち葉〟のあげく,ボケたら困る。夫にはいつまでも元気で生き生きとしていてもらいたい」――。おそらく,そう考えたであろう奥さんは,夫に趣味を持たせるために一肌脱ぐことを決心する。

 「何かやりたいことはないの?」。「うーん,何かって言ってもなあ…」。「何かあるでしょう。昔得意だったこととか」。「じゃあ・・・絵,でも描いてみるかな」。佐藤さんがそう答えたのは,小中学校時代に図工や美術が好きだったことを思い出した。ただそれだけの理由だった。だが,奥さんはさっそく行動を開始した。

1ページ2ページへ3ページへ次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る